ホーム » 家計のやりくりQ&A » 忙しすぎて節約ができなくなりました、頑張らない節約ってありますか?

忙しすぎて節約ができなくなりました、頑張らない節約ってありますか?

【質問】
節約は、精神の緊張を高めるとは思いませんか。

自分は、23歳の男性です。
会社で、総務の仕事をしています。

自分は、金の独立が、いちばん大切だと思っています。
金は、自分で稼ぐものです。
金がなくなり、親や親友に頼るのなんて、最低だと思っています。

だから、節約生活が、精神の緊張を高めるのです。
例えば、次のことをしていました。
遠回りでも、いちばん安い運賃にする。
外食は、絶対にしない。
外食したとしても、マックまで。
マックなら220円で済ませますが、松屋の豚めしだと290円です。
他の生活費用も、きっちりと切り詰めていました。

そして、さらなる可能性へ挑戦したのです。
もっとよい職場へ転職する。
スキルを高めるため、勉強する。
こうしたことを始めました。

ところが、ここへきて、すべてが逆転を始めました。
仕事が多すぎる。
転職活動がうまく行かない。
専門学校夜間部への進学手続きを誤った。
こうしたことで、ストレスが頂点になりました。

そして、精神が緩んだのです。
外食で、高いラーメンを食べる。
疲れると、特急券や指定券を買う。

節約の気持ちが薄れてしまいました。
緊張してがんばっていたのに、それが緩みました。

我ながら情けない思いです。
節約でがんばっている皆様、こんな自分に活を入れて下さい。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■無理は禁物です


文面からもともと倹約家で金銭感覚をしっかりもっていらっしゃる方だと思います。
忙しいと金銭感覚が緩んでしまうのは仕方のないことじゃないでしょうか?


衝動買いする理由に「ストレス発散」というものがありますよね。
買物したり、美味しい物を食べたりしてストレス解消するのはごくごく普通の感覚だと思います。


私自身、相談者様ほどじゃありませんが、節約は頭の片隅に置いて生活しています。
飼い犬の医療費がかさむ為、生活費を節約する日々です。
無駄遣いはおろか食費等も切り詰めねばならず、辛いな・・・っていうのが正直な気持ちです。


これまで、ゆとりのある生活で買いたいものを買い、食べたいものを食べ・・・と
節約とは無縁の生活をしてきたため、日々ストレスを感じています。
そのため気持ちが沈み、希望が持てないといった心理状態によく陥ります。


私の場合は、医療費のために節約を余儀なくされているわけで
節約を続けざるを得ませんが、今の私の精神状態を考えると苦しい節約生活は
体によくないなって思います。


■たまには贅沢もいいじゃないですか


浪費後に、使いすぎたって意識されてますよね。
その感覚がある限り大丈夫だって思います。


だいたい、浪費癖のある人って「なんどかなる、どうにでもなる。」っていう感覚で
カードを使いすぎたり、毎月赤字になっていても危機感があまりない人が多いです。
危機感があっても生活を改められなかったり。


相談者様の贅沢したなっていう内容は
ちょっとしたご褒美、プチ贅沢・・・に充分収まる内容だと思います。


もともとがキッチリした金銭感覚の持ち主なので、ちょっと枠から外れてしまっただけで
危機感を持ってしまうのかもしれませんが
私からすれば、生活の潤いに必要な出費だと思えます。


無駄遣いというのとは違う気がします。
苦痛なく節約ができる相談者様ですが、節約をしている人が挫折する理由として
生活が面白くない、生きている楽しみがない・・・等があります。


友だちと飲みに行きたくても断らなきゃいけない、欲しいものも買えない・・・
節約に走るあまり、友だちづきあいがうまくいかなくなったり
自身の気持ちを病んだりすることだって少なくないそうです。


節約を上手に続けるためには、あるていどのゆとりが必要なんだと思います。
何もかもを辛抱するのではなく、何かひとつでもいいし、月一回でもいいから
「ご褒美枠」のようなものを設けて自分を慰労するといい気がします。


■恐らく大丈夫


忙しさがひと段落して、金銭管理に気持ちが回るゆとりがでてくれば
きっと元の倹約家に戻れると思います。


今はただ、その余裕がないだけ、一時的なものだと思います。
浪費家になってしまいそうだという不安感をもっていらっしゃるのがその証拠です。


何事も精神的ゆとりが大切です。
精神的に追い詰められているときや、意識を集中することがある時に
節約にまで手が回らないのは当たり前なので。


そんな時にまで倹約を強いて生活したら、精神的に破綻しますよ。
一過性のものだと思って今は、自分の心のバランスをとることを優先した方がいいと思います。


お金を使うことは情けないことじゃありません。
無駄遣いに思えることでも、後々考えてみれば必要な出費だったのだと思える時も来ます。
借金してまで浪費するのであれば問題ですが、相談者様の場合は全く問題なしです。


早くゆっくりできて、元のご自分を取り戻せる様祈っています。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top