ホーム » 家計のやりくりQ&A » 食費以外の節約でストレスなく節約できるものは?

食費以外の節約でストレスなく節約できるものは?

【質問】
節約は、どうやればいいのでしょうか。

私は、22歳の主婦です。
美容師の専門学校を出て、すぐに結婚しました。
本当は、美容師になってお店を持ちたかったのです。
でも、彼が出来て、結婚してしまいました。
これも、私の運命なのだと思っています。

旦那は、いわゆる会社員です。
プラスチック製品の製造卸をしている会社で、内勤事務をやっています。
内勤の社員は11名だけの、小さい会社です。

給料も、それほど多くありません。
アパートの家賃を払うと、後は、ギリギリです。

それで、私は、いろいろとやりくりしています。
食費を押さえ、無駄遣いはしません。
節約も、いろいろ考えています。

実は、節約のため、いろいろな節約サイトを見ました。
でも、多すぎて、意見が違っていて、よく分かりません。

例えば、水道では。
トイレのタンクにペットボトルを入れればいい、とあります。
別なサイトでは、故障の原因になり、却って高くつく、とあります。

電気では。
クーラーはこまめにオン・オフすること、とあります。
でも、オン・オフで電流が多量に流れる、ともあります。

全部を真っ正直に信じると、わけが分からなくなります。

我が家のような場合、これ1つやれば絶対、という究極の節約はありますか?

アドバイスを、お願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■苦痛を感じない節約


節約節約とずっと節約ばかり考えて生活していることにストレスを感じない人は
少ないと思います。
強迫観念のようなものになってしまってはツライだけです。


上手に節約して暮らしている人は、実は節約を趣味にしてしまっている人が多い気がします。
努力した結果が見えるように節約状況を日記のようにつけて数値目標を達成したり
節約額を目の当たりにして充実感を味わったり、そういった付加価値に意義を見い出していると。


これだけは!というものがあるとすれば、一番は買物かなと思います。
買物をする時は計画的にすること、これで確実に無駄遣いは防げますよね。


普段から無駄遣いはしないと決めてお財布のひもをしめた生活をしている人には
効果はないかもしれません。


食費や生活費の額を定額に決めておくことも必要かと思います。
あるだけ湯水のように使っていては支出は減らせません。


カード払いを利用したりして、収入以上に使ってしまって毎月赤字・・・という事態にも
なりかねません。


御給料日にひと月に必要な生活費を一度だけ引き出すようにして
支出項目別に振り分けて封筒に入れておくと残額を管理しやすいと思います。
それには月額の生活費を把握する必要がありますね。


そうすれば月収にどれくらいの余裕があるのかないのかわかりますし
どれくらい節約すればどのくらいの貯金が可能か・・・等一度マネープランを出すのもいいと思います。


■目標を持つことも大事


ただ漠然と節約したいというのではモチベーションが上がらなくて当然です。
何か目標を持てば違ってはきませんか?


例えば、旅行資金にいくら積立てようとか、具体的に目的はなくても
金額を決めてこれだけ貯金をしようとかそういったことで構いません。


節約にストレスを感じるというのは、恐らく生活が楽しくなくなってしまうからだと思います。
いつもお金を意識して生活して、我慢我慢の繰り返しが続けば気持ちが沈みますよね。


でも、目的や目標があれば、ゴールはあるわけです。
そのゴールに向かって頑張ることは出来そうですよね。


ゴールできれば自信にもなりますし、また次のゴールを設定して頑張る気にもなるはずです。


■節約を頭の片隅に置くだけでも・・・


また、節約したい!という意識を持つだけでも生活は変化すると思います。
小さな変化でしかないかもしれませんが、抑制力にはなるはずです。


もうすでに色々な節約サイトを見て情報収集されてらっしゃるので
おおよそどんな節約法があるのかはわかっていらっしゃいますよね。


知識として頭の中に残っていれば、場面場面で自ずと節約行動をとると思います。
別に知っているものすべてを実践する必要はないんです。


自分が苦にならないものを取捨選択して実践すれだけばいいだけの話。
これだけ!といわず、例えば、水の使い方ひとつにしても節水をこころがければ
いいわけで、小さな節約の積み重ねはバカになりません。


色々全部やらないといけないという強迫観念はとっぱらって
水道や光熱費は節約を意識した使い方をすれば、
慣れてもきますし慣れれば当然苦にもなりません。


節約額は最初は少額でも構いません、実際どれくらい節約できたのかわかるように
家計簿をつけて努力の成果が見えるようにするといいと思います。


苦にならない節約を徐々に増やせば、自然と節約額もアップしますよ。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top