ホーム » 家計のやりくりQ&A » スマホの料金を安くしたいです、見直してもらえませんか?

スマホの料金を安くしたいです、見直してもらえませんか?

【質問】
スマホの料金を安くする方法を、教えて下さい。

自分は、県立高校に通学している男性です。
今年卒業です。
推薦で、東京の大学へ入ることが出来ました。
経済学部です。
別に経済が好きだというのではありません。
経済なら、潰しが利くぞ、という親父の意見に従っただけです。

今は、受験勉強もなく、のんびりやっています。
4月からの下宿生活のことを考えたりしています。
仕送りの金額を、決められてしまいました。
おそらく、バイトをしないと食べて行けないと思います。

それだけでは、ありません。
スマホの料金も、自分持ちだ、と宣言されてしまいました。

現在は、auのスマホを使っています。
ネットの接続は、ISフラットです。

そこで質問です。
どういうふうにすれば、月々の支払料金を安くできるでしょか?

例えば、WiMAXとかにすればいいのですか?

それとも、解約して、キャリアを乗り換えた方がいいでしょうか?

現在、スマホの使い道は、ネットゲームが中心です。
それに、動画も好きです。
ですから、あまりスピードが遅くなるのも困ります。

メールの送受信は、毎日10通ほどです。
アドレス登録は、70件くらいです。

こういう状態なのです。
月々のスマホ料金を安くする方法を、教えて下さい。
お願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■スマホの固定料金


スマホでインターネット利用する場合、
「基本料」「ネット接続料」、「パケット定額料」の3つは固定費として必要になります。


携帯キャリアや加入しているプランによって多少の違いはあるかと思いますが
この3つを足すと7000円位にはなるかと思います。


特に大きな金額が「パケット定額」だと思います。
なかなかスマホ利用で料金節約は難しいというのが現状じゃないかと思います。


今現在、スマートバリュー等の割引はありますか?
ISフラットを解約すると割引がなくなってしまうこともあるようですので
事前に確認した方がいいと思います。


■WiMAX利用について


WiMAXのルーターを利用ということであれば、可能だと思います。
でも、私ならスマホをやめることを考えます。


この春、通話料定額が導入されたとはいえ、スマホは通話料金も高いですし・・・
電話(メール含む)とネットは切り離して使った方がいいかと思います。


携帯には無料通話がついていますしね。
スマホでの通話はアプリを使っているので通話料金が発生しないというのであれば
話しは違ってきますが。


相談者さんのスマホの利用状況、電話やネット利用のそれぞれの頻度などによっても
オススメできる内容が違ってくるかと思いますし。


ガラケーとタブレットの2台持ちはいかがでしょうか?
先述したように、スマホ利用には固定費がかかりすぎているので節約できないからです。


ガラケーで電話と最小限のメールのみ利用する(料金は最低のプランに加入)
タブレットをWimaxのモバイルルーター使用で利用する


この2本立てだと、通信料を気にせずに使え、節約も出来ると思います。
2つ合わせても、5000円台に収まってくるんじゃないかと思うのですが・・・


■2台持ちのメリット、デメリット


スマホ1台利用より料金が安く収まること、
無料通話枠があること、
タブレットは画面が大きめなので操作が楽、画面が見やすい等がメリットかなと思います。


2台持つのが面倒、かさばるので持ち歩きに不便、
特に充電管理が2台分になるのが面倒だという人が多いです。


利用頻度が高い人であれば、充電池を持ち歩かないとダメですからね、
それが2台分となれば憂鬱のタネには違いありません。


また、一番安いパケホーダイのプランに加入した場合、
携帯で通信すると節約どころか赤字になってしまうので注意が必要です。
それも用途別に使い分けることに慣れてしまえば苦にはならないと思います。


なので現状打破には2台持ちが一押しのような気がします。


携帯を通話限定にしてしまうことができれば、高い通話料金に悩むこともないですし
その電話もメールで済ませられる要件であればタブレット利用のメールで済ませれば
携帯料金の節約もできます。


多少の不便はありますが、上手な使い分けで節約できるのは必至ですので
充分検討の余地はあるかと思いますよ。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top