ホーム » 家計のやりくりQ&A » フレッツ光の料金が高いです、見直すポイントはどこですか?

フレッツ光の料金が高いです、見直すポイントはどこですか?

【質問】
NTTフレッツ光の使用料金を安くしたいのですが、方法を教えて下さい。

私は、30歳の専業主婦です。
家族は、夫婦と子供1人の3人家族です。

今度、マンションを購入しました。
25年ローンで、厳しいです。
いろいろと倹約しなければなりません。
でも、やはり我が家はいいですね。

そのとき、NTTフレッツ光に入りました。
でも、毎月の使用料が高く、困っています。
安くするにはどうしたらいいでしょうか?

現状は、次の通りです。

*フレッツ光ネクスト・FHS利用料:4300円。
ファミリーハイスピードタイプです。

*フレッツ・あっと割引:-430円。

*フレッツ光・回線終端設置利用料:900円。

*屋内配線使用料:200円。

*リモートサポートサービス:500円。
このサービスは、全然使っていません。
でも、2年間契約で、解約すると違約金がかかるそうです。

以上に、消費税、料金代行サービスが加わり、月々6000円以上払っています。

なお、固定電話はありません。

インターネットを使用するのは、週末だけです。
あまり使用していないので、無駄なお金を払っている、と思います。
スピードも、ハイスピードの必要はないと思います。

どうすれば安くなるでしょうか?
詳しい方、アドバイスをお願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■光回線は料金高め


内訳を見たところ、減らすことができるのは「リモートサポートサービス料金」かなと思います。
でも、解約するのに違約金がかかってしまうんですよね?


あと、ご利用のプロバイダーによって料金が変わってきますので
プロバイダーを見直してみるのも一つの手かなとは思います。


インターネットのご利用状況が週末くらいということですし、
もう少しライトなプランにすることもできるかと・・・。
「フレッツ光」に相談すれば、利用状況から適切な料金プランを教えてくれると思います。


私ならまず「フレッツ光」に電話して色々アドバイスを受けますね。
それにしても、2年の縛りは鬱陶しいですね。


私なら、継続的にネット利用するのであれば、
長期的に考えると、割高な料金を契約年数支払続けるよりも
違約金を支払ってでも納得のいく料金設定のプロバイダーを探すかなと思います。


回線のスピードにも特にこだわりがないということであればなおさらです。


ゲームや動画等の利用が多いユーザーには光はメリットの大きな回線ですが
普通にネットサーフィンしたりメールのやりとりをするくらいなら
光環境にこだわる必要はないかと思います。


ADSLで充分じゃないですか?


■自分に合ったネット環境を


光より断然ADSLの方が料金は安くてすみます。


固定電話を持っていなくても利用できる、電話加入権不要タイプのADSLもあります。
ただ、電話加入権を持っていれば、かなり優遇されるところが
初期工事費等割高になってしまうことなどありますが。


IP電話も使えますしね。


光回線と違って特別な工事も必要ないですし、場所によっては光よりも
高速通信ができることもあるんだそうです。


ただ、NTTの回線収容局からの距離に応じて速度が低下してしまうという
デメリットもあります。


■もっと手軽にモバイル通信


最近注目されているのがモバイル通信です。
低料金に抑えるには一番の選択肢じゃないかと思います。


週末しかネット利用しないというのであれば、
どこでも通信できるというモバイル通信特有のメリットは特に必要はないかと思いますが


利用する時間がだいたい決まっているのであれば、料金設定が多岐に及んでいるので
自身にぴったりあった安いプランを見つけることも可能です。


代表的なところとしては、イーモバイルやWIMAXでしょうか。
ホームページを見ると、料金プランや特徴が詳しく説明されています。
確実に今ご利用の料金よりは安くお得にインターネットが出来ると思います。


ただ、ビルの間や山間部、地下やトンネル等電波が安定しない場所では
通信が不安定になったり、通信ができなくなったりもするので注意が必要だとは思います。


それぞれ、プロバイダーにはメリットデメリットがありますが
必ず自分に合ったものは見つけることが出来ると思います。
相談窓口を利用して、比較検討してみるのがいいんじゃないでしょうか。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top