ホーム » 家計のやりくりQ&A » ローンの支払いが多く、支出額が大きくなっている

ローンの支払いが多く、支出額が大きくなっている

 

【質問】我が家の家計においての無駄な出費はどこですか?
私は旦那と二人で暮らしています。
旦那の年齢は現在30代後半で、
給料は1年間でおよそ800万くらいです。
私は20代後半で、パートに出ていて
毎月7万円前後の収入があります。
収入としては、一般的に多いほうだと思っているのですが、
上手に節約ができていないようで支出も多く、
毎月思うようには貯金ができていない私たちです。
大まかな支出としては、
・養育費 12万円
旦那が一度離婚を経験しているため、前の奥さんとの子どもの養育費です。
・住宅ローン 9万円
前の奥さんと結婚しているときに建てた家のローンです。
・携帯料金(2台分) 1万3千円
・車の保険料(2台分) 1万6千円
・車のローン(2台分) 4万円
・生命保険料(2人分) 2万4千円
・カードからの毎月の引き落とし 3万円前後
インターネットやケーブルテレビの料金など
・私の奨学金の返済 1万5千円
・光熱費 2万円~2万5千円
電気と水道のみ。オール電化のためガス代はないです。
・旦那のお小遣い 5万円
ガソリン代やタバコ代も入っています。
役員をしているため必要な出費があり、
これ以上下げることはできません。
・食費 4万5千円
私の家の支出を簡単にまとめてみました。
今書いてみただけでも支出が多いと感じてしまいます。
もしここは節約できるという項目や、
こうしたらいいよ!というアドバイスなどあれば
教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------
【回答】
年収が800万円弱の場合、所得(手取)は550万円程になり、月額にすると約46万円。
奥様のパート収入が7万円。
夫婦合わせて53万円の収入になります。
支出額の合計が46.8万円、養育費12万円は削れない支出ですが、その金額を差し引いても、
全国の平均生活費と比べ、支出がたいへん多いです。
■住宅ローンの金利を見なおす
毎月9万円の住宅ローンは、とても大きい額で、家計費を圧迫しています。
住居を新築した際に、資金の借入をした時期によっては、高い金利を支払っている場合もあります。
現在支払っているローンの金利を調べ、高いようでしたら借り換えを検討されてはいかがでしょう。
各銀行のホームページでは、オンラインで気軽に、シミュレーションや事前審査を行えるようになっています。
イオン銀行・ソニー銀行では、2014年度の10年固定金利が1.5%と低金利です。
住信SBIネット銀行では、10年固定金利も前出銀行と同じく1.5%以下ですが、30年固定金利も2%以下で提供しています。
現在高い金利で支払いをされていれば、借り換えすることで、数百万の差がでることもあります。
また月々の支払い額を、少なくすることができます。
■クレジットカードの使い方
インターネットプロバイダーはどこと契約しても、5,000円~7,000円程です。
ケーブルテレビの契約についても、いずれのコースも5,000円以内のはずです。
それでもカード支払いの額が毎月3万円になっているのは、クレジットカードで買い物をしているのでは無いでしょうか。
奨学金返済も含めたローンが、毎月14.5万円もあるのですから、カードでの買い物はするべきではありません。
カード払いは、とても便利ですが、現金が出て行く感覚がなく、ついつい買いすぎてしまいます。
最近では、ネットで欲しい品物を捜す方が、安く購入できることも多いです。
その場合は、代引きや銀行振込などの方法を選びましょう。
■ローンを組まない
国税庁の調べでは、30代男性の平均年収は、約500万円です。
ご主人は平均を大きく上回り、更に奥様の収入もあるため、入ってくる現金は多いですが、
ご結婚時には、固定の支出が決まっていました。
養育費と住宅ローンです。この2つを合わせたら、21万円です。
養育費は、先妻とのお子様が学業を終えるまでか、あるいは成人まで支払いが続くローンと同じです。
2人の収入53万円から、この額を差し引くと32万円。
これが自分たちの収入額という意識を持ちましょう。
車2台ともローン払いするのは如何なものでしょうか。
せめて奨学金の返済が終了するまでは、安価な軽自動車を一括で購入するべきだったのでは。
これから、お子さんをつくる予定があるなら、出産費用、育児、教育と、資金が必要になっていきます。
ローンでの買い物は、今後一切行わず、節約倹約を心がけ、少額でも貯蓄にまわしていきましょう。

【質問】我が家の家計においての無駄な出費はどこですか?

 

 

 

私は旦那と二人で暮らしています。

 

旦那の年齢は現在30代後半で、

給料は1年間でおよそ800万くらいです。

 

私は20代後半で、パートに出ていて

毎月7万円前後の収入があります。

 

収入としては、一般的に多いほうだと思っているのですが、

上手に節約ができていないようで支出も多く、

毎月思うようには貯金ができていない私たちです。

 

 

大まかな支出としては、

 

・養育費 12万円

旦那が一度離婚を経験しているため、前の奥さんとの子どもの養育費です。

 

・住宅ローン 9万円

前の奥さんと結婚しているときに建てた家のローンです。

 

・携帯料金(2台分) 1万3千円

 

・車の保険料(2台分) 1万6千円

 

・車のローン(2台分) 4万円

 

・生命保険料(2人分) 2万4千円

 

・カードからの毎月の引き落とし 3万円前後

インターネットやケーブルテレビの料金など

 

・私の奨学金の返済 1万5千円

 

・光熱費 2万円~2万5千円

電気と水道のみ。オール電化のためガス代はないです。

 

・旦那のお小遣い 5万円

ガソリン代やタバコ代も入っています。

役員をしているため必要な出費があり、

これ以上下げることはできません。

 

・食費 4万5千円

 

 

私の家の支出を簡単にまとめてみました。

今書いてみただけでも支出が多いと感じてしまいます。

 

 

もしここは節約できるという項目や、

こうしたらいいよ!というアドバイスなどあれば

教えていただけるとありがたいです。

 

 

よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------

 

 

【回答】

 

年収が800万円弱の場合、所得(手取)は550万円程になり、月額にすると約46万円。

奥様のパート収入が7万円。

夫婦合わせて53万円の収入になります。

 

支出額の合計が46.8万円、養育費12万円は削れない支出ですが、その金額を差し引いても、

全国の平均生活費と比べ、支出がたいへん多いです。

 

■住宅ローンの金利を見なおす

 

毎月9万円の住宅ローンは、とても大きい額で、家計費を圧迫しています。

住居を新築した際に、資金の借入をした時期によっては、高い金利を支払っている場合もあります。

現在支払っているローンの金利を調べ、高いようでしたら借り換えを検討されてはいかがでしょう。

 

各銀行のホームページでは、オンラインで気軽に、シミュレーションや事前審査を行えるようになっています。

イオン銀行・ソニー銀行では、2014年度の10年固定金利が1.5%と低金利です。

 

住信SBIネット銀行では、10年固定金利も前出銀行と同じく1.5%以下ですが、30年固定金利も2%以下で提供しています。

 

現在高い金利で支払いをされていれば、借り換えすることで、数百万の差がでることもあります。

また月々の支払い額を、少なくすることができます。

 

■クレジットカードの使い方

 

インターネットプロバイダーはどこと契約しても、5,000円~7,000円程です。

ケーブルテレビの契約についても、いずれのコースも5,000円以内のはずです。

 

それでもカード支払いの額が毎月3万円になっているのは、クレジットカードで買い物をしているのでは無いでしょうか。

 

奨学金返済も含めたローンが、毎月14.5万円もあるのですから、カードでの買い物はするべきではありません。

カード払いは、とても便利ですが、現金が出て行く感覚がなく、ついつい買いすぎてしまいます。

 

最近では、ネットで欲しい品物を捜す方が、安く購入できることも多いです。

その場合は、代引きや銀行振込などの方法を選びましょう。

 

■ローンを組まない

 

国税庁の調べでは、30代男性の平均年収は、約500万円です。

ご主人は平均を大きく上回り、更に奥様の収入もあるため、入ってくる現金は多いですが、

ご結婚時には、固定の支出が決まっていました。

 

養育費と住宅ローンです。この2つを合わせたら、21万円です。

養育費は、先妻とのお子様が学業を終えるまでか、あるいは成人まで支払いが続くローンと同じです。

 

2人の収入53万円から、この額を差し引くと32万円。

これが自分たちの収入額という意識を持ちましょう。

 

車2台ともローン払いするのは如何なものでしょうか。

せめて奨学金の返済が終了するまでは、安価な軽自動車を一括で購入するべきだったのでは。

 

これから、お子さんをつくる予定があるなら、出産費用、育児、教育と、資金が必要になっていきます。

ローンでの買い物は、今後一切行わず、節約倹約を心がけ、少額でも貯蓄にまわしていきましょう。

 

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top