ホーム » 家計のやりくりQ&A » 生協インターネットの料金って高い気がしませんか?

生協インターネットの料金って高い気がしませんか?

【質問】
大学生協のプロバイダー料金は、高くないですか。

私は、大学1年生の男性です。
推薦入学で、東京の大学へ入りました。
経済学部です。
将来は、銀行など金融関係へ進むのを希望しています。

現在は、学生向きマンションで1人暮らしをしています。
親に負担をかけたくないので、月に6万円は、バイトで稼いでいます。
ファミレスの店員と家庭教師の掛け持ちです。
それで、まあまあの生活は出来るのです。

ようやく生活のペースができて、ネットをやる余裕が出来ました。
それで、大学生協で、インターネットの契約をしました。

Bフレッツマンションタイプ(VDSL)で、月3412円。
プロバイダー料金が、月1890円。
2年間契約で、次のサービスが付きます。
NTT回線使用料、3か月無料。
プロバイダーサービス料金、2か月無料。
プロバイダー入会金無料。

これで得をした、と思っていたのですが。
NTTのHPで、調べました。
すると、他社のプロバイダー料金は、800円から1000円なのです。
生協は高すぎますよね。

大学生協の契約では、何か特別の利点がありますか?

もしなにもないなら、キャンセルしようと思います。
1年分の料金は払いましたが、工事はまだです。
この場合、解約できるでしょうか?
先払いした1年分の料金は、返金されるのでしょうか?

2年間我慢して、その後、乗り換える方がいいでしょうか?
でもそれだと、アドレスの変更が出て来そうで心配です。

生協に詳しい方、回答をお願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■生協インターネットのしくみ


大学の生協インターネットは、大学生にとって使い勝手のよいネット環境を
提供してくれるサービスです。


何か困ったことがあった時、大学の生協窓口で親身になって相談に乗ってくれるので
ネット利用時にありがちなトラブルも安心だというのがウリです。


ネットにはトラブルがつきものです。


普通、回線トラブルやパソコントラブル等、困った時にはプロバイダーのヘルプセンターに
電話することになりますが、なかなか繋がらない、たらい回しなど
不快な思いをすることが多いです。


その点、生協インターネットは大学に窓口があり対面で指導してもらえたり、
トラブル解決に動いてもらえるので安心感が違うと思います。


入会時の説明も納得がゆくまでしてくれるはず。
料金やプロバイダ契約についての不安感があるのであれば、
申込みした窓口で再度相談するのが一番手っ取り早い方法じゃないでしょうか。


また、「SINGS Wi-Fi」というサービスが付帯しているので
大学内の食堂や生協でWi-Fi利用して自分のパソコンを使えるというメリットもあります。


レポート作成など大学内でパソコン利用を頻繁にする人には
パソコンルームの混雑を気にせず使えてストレスフリーなんじゃないかと思います。


■卒業後も継続利用できる


大学生特化のサービスのようですが、そうではありません。
卒業しても継続利用ができるので、
卒業を機に回線を見直さないといけないといった手間もありません。


ただ、退会してしまえば、再利用するには家族の誰かが
生協の組合員でなければならないという制約がありますので注意が必要です。


引越しにも対応してもらえます。
引越し先にフレッツの利用環境があれば住所変更のみで継続利用ができます。


学生生活を終えて社会人になってからも継続して利用できるのでその点は心配いりません。


■プロバイダーについて


プロバイダー選びはネット利用につきものです。
回線、サービス内容によっても値段に違いがでてくるので
自分の利用状況を考えて選ぶことが不可欠になります。


セキュリティー関連も含めて考えるのもありかなと思います。
セキュリティー込だと、別に年間10000円ほど必要なセキュリティーソフトを買う必要が
ありませんし、手続きも省けて便利です。


料金をなるべく安く・・・というのであればADSLがおすすめですし
動画や音楽を存分に楽しみたいというのであれば光がおすすめです。


契約には初期費用無料や無料期間等設定されているものが多いので
料金比較は2~5年単位で考えなくてはなりません。
短期で乗り換えを考えるのであれば、実質特にならないケースがほとんどだと思います。


なので今の契約を2年位で見直す予定があるのであれば、
現時点で再度見直して納得のゆくプランに加入しておくのが
長期利用して割引等のサービスを有効利用する大前提です。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top