ホーム » 家計のやりくりQ&A » 結婚から新生活にむけて節約するとしたら何を削ればいいですか?

結婚から新生活にむけて節約するとしたら何を削ればいいですか?

【質問】
婚約から新生活までの間で、節約できるところを教えて下さい。

私は、23歳のOLです。
金融関係の会社で事務をやっています。
今度、プロポーズされました。
2年間付き合っていて、ひょっとしたら、と思っていました。
波長が合う、という感じがしていたのです。
イエスと言いました。

いざ結婚となると、いろいろと考えなければなりません。
結婚当初、新生活のスタートでは、お金がかかると思います。
今のうちから、きちんと計画しておかなければなりません。
新生活の準備では、お互いの貯金を出す予定です。
その後、3年間は共働き、と思っています。

今後の手順は、次のようになるはずです。

*両家の顔合わせ。

*結婚式のスタイル、予算の決定。
ホテルで結婚式をやる予定です。
人数は、40人前後です。

*仲人の決定。

*新居の決定。
親との同居、とかはありません。

*新婚旅行の決定。
ハワイへ行きたいのです。
でも、節約すべき?

*家具などの購入。
ニトリで、まとめて購入しよう、と思っています。

*家電用品などの購入。
節電を第一に考えます。

以上のことを考えているのです。

計画に、見落としはないでしょうか?
それぞれの項目で、節約が出来ますか?

なにしろ初めてなので、どうすればいいのか、よく分かりません。
アドバイスをお願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■大事にしたい部分にお金をかける


私の場合は披露宴を含め結婚式に魅力を感じなかったので、夫婦二人で海外挙式して
親族とは挨拶をかねて食事会、友人には結婚報告の手紙のみで済ませました。
ただ、これには夫となる人の理解も必要になりますが。


披露宴を華やかにしたいという人もいるでしょうし、披露宴はなくてもいいという人もいるでしょう。
結婚式は一生に一度のことなので、やはり希望通りにできるだけするのがいいと思います。


それでも結婚式は本人たちの思い通りにできない部分も多くあると思います。
双方のご両親の意向もあるでしょうし、それぞれのお付き合いや今後を考えて決める所だと思います。


ただ、自分達の思いばかりに気をとられると、招待客がしらけてしまう気がします。
自己満足に走るのも許される機会ではありますが、招待する人が心から祝ってくれるような
温かみのある結婚式が理想かなと思います。


お料理や引き出物はセンスの表れるところなので、慎重に選びたいですね。
私は出席した披露宴のお料理と引き出物の内容は覚えています。
印象に残るところなので、「がっかり」だと残念な思い出がずっと残ることになりますよ。


■節約するところ


じゃ、どこを節約するかってことですよね。
あまりにも殺伐とした会場だと寂しい印象になりますよね。
式場を予約すれば、パックプラン等あり自然とランクみたいなのがわかると思います。


もし何の障害もないというのであれば、私だったら結婚式は親族だけで質素に済ませ
披露宴はパーティ形式にするのはどうかと思います。
大きな披露宴を開くよりずっと経済的です。


お祝い金なしで、パーティの会費のみ頂くという形にすれば招待客も気楽ですし。
お祝い金がほしいというのであればNGでしょうが、親しい友人に幹事をしてもらって
パーティを開いてもらえば思い出にも残りますし、ざっくばらんに楽しんでお祝いしてもらえる気がします。


■お金をかけたいところ


私は、新生活にはお金をかけたいですね。
住居はじめ家具や電化製品等、お気に入りで揃えた快適空間で始めたいと思います。


私は本当に気に入ったものに囲まれて生活したいので、ここは妥協したくないです。
そういったこだわりのない人なら、ここを節約しても構わないかなとは思います。


徐々にいいものを揃えていけばいいというのであれば、予算に合わせて品選びして
後々買い替えるという方法もありです。


結局、どこにこだわりがあるかという事になるかと思います。
ここは節約すべき、ここは節約しちゃダメという決まりみたいなのはないので。
結婚相手とじっくり話し合ってみてすり合わせるしかないかなと。


自分だけの意思では決められないので、お互いの妥協点を探りあって
ここは贅沢に、ここは質素に・・・と二人にとって納得のゆくメリハリをつけてください。


価値観の違う相手とだとなかなか大変な作業かもしれませんが
これから長い人生共に歩く人の未だ知らない部分が垣間見れるかもしれませんよ。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top