ホーム » 家計のやりくりQ&A » 出産準備で里帰り中の生活費を夫からもらってもいいでしょうか?

出産準備で里帰り中の生活費を夫からもらってもいいでしょうか?

【質問】
入籍した後、生活費は、いつから貰うのが普通なのでしょうか。

私は、22歳の主婦です。
主婦、と言っても、なんだかまだ、実感がわかないのですが。

旦那とは、3年間付き合っていました。
妊娠が分かり、とうとう入籍したのです。
入籍してからは、旦那の実家に同居していました。
でもそれは、ほんの臨時の同居でした。

すぐ、出産のため、里帰りしたのです。
現在は実家にいて、生活費などは、親が出しています。
食費と携帯代くらいは払うべきでしょうね。
でも、いらない、ということなのです。

旦那は、ときどき見に来てくれます。
そのとき、妊婦健診代を出してくれ、と言いました。
それは、出してくれます。
でも、そういうことを言わないと、何も自分からしません。
だいたい、わがままで、考え方が適当です。

それで、今後の事が心配なのです。
子供が生まれれば、旦那の実家で暮らすことになります。
その時、生活費はどうなるのでしょうか。

旦那は、義父が出してくれるつもりでいます。
でも、それだと、家庭の主婦としての、私はどうなるのでしょう。
旦那から生活費を貰うのが当然じゃないでしょうか。
そして、旦那から給料を預かって、家計を仕切りたいのです。

そこで、皆様に質問です。
主婦が家計を仕切るのは、当然ですよね?
入籍したら、生活費を貰うのは、当然ですよね?
当然と思うのは、間違いですか?

皆様のご意見を、お聞かせください。
お願いします。

-------------------------------------------------------------


【回答】

■結婚するということ

生活費をどのように管理するかは、各々の家庭によって違うと思います。
普通は結婚すれば、生活を共にするようになるわけですから
家計をご主人が管理するにしろ奥様が管理するにしろ、奥様は生活費をもらって生活することになりますよね。

妊娠後にご結婚されたようなので、二人で家計について話し合う間もなく里帰りしたのかと想像します。
ご主人にしたら、奥様が何も言ってこないから生活費の必要性を感じていないのかもしれません。

でも、成人した大人だったらそういう考え方はだらしがないと思います。
特に奥様が里帰りして実の親とはいえ実家にお世話になっているんです。
ご主人に嫁いだのですから、実家に甘えっぱなしというのはご主人だって恰好つかないでしょう?

奥様も親に対して恥ずかしいと思うところがあるんじゃありませんか?
奥様からはご両親にお世話になることに遠慮が感じられます。

当然、生活様式が夫婦同居ではないから生活費も今は違うとは思いますが
私ならご主人にきちんと話して、両親に生活費を渡したいと言うと思います。
食費と携帯代は当然自分で払うべきです。

ご主人だってそこで難色は表さないでしょう。
ご主人にご奥様をご両親からもらったという意識があれば、奥様のご両親に対して
「子供が無事生まれるまでどうぞよろしくお願いします。」という気持ちになるはずです。


■ご主人の実家で暮らすということ

ご主人の実家でお世話になるのに、義父がかなり金銭的負担を減らしてくれているみたいですね。
光熱費や携帯代も負担してくれるとのこと。

ということは、今ご主人はお給料を自分の自由に使える状態だということですよね?
お給料が少ないとはいえ、ひとりで使えるお金にしたら充分すぎるんじゃないですか?
ご主人は貯金をしたり管理できているでしょうか。

お金のことについて話し合うのに躊躇する若奥様って意外と多いんです。
でも、お互いの金銭感覚や毎月の家計についてしっかり話し合うことは
夫婦生活を始めるうえでとても重要なことです。

そこをうやむやにしてしまったら、あとあとこんなハズじゃなかったのに・・・と
お金の問題がでてきて、夫婦間のいざこざのもとになりますよ。

生活費については言わずもがなです。
生活の基盤ですからね。

せっかく義父のお世話になって金銭的負担が少ない状態で生活できるのですから
できるかぎり貯金をして、子供の為、いざという時の為、将来の為に備えるべきです。


■今夫に相談すること

とりあえず、キチンとした生活費については出産して義父と同居生活を始めてからでもよしとして
今は、ご自身のご両親に渡す出産までの生活費についてご主人と話し合うことです。

万が一にも、ご両親が何も言わないんだから、甘えればいいんじゃない?というような
意識のご主人だったらこれから性根を叩き直さないとダメかもしれません。

親だから・・・という甘えが捨てられない人も少なくないとは思います。
でも、お金が全くないという状況でなければ、なるべく親には頼らないで夫婦で頑張ってほしいと思います。

親というものは、いつまでたっても子供が心配なものです。

差し伸べられる手はいくらでも・・・というのが親心ですので
親に心配をかけたくないと少しでも思ってらっしゃるのであれば、
親を安心させてあげられるように態度で示してあげてください。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top