ホーム » 家計のやりくりQ&A » 黒字家計を維持するのに倹約できることってありますか?

黒字家計を維持するのに倹約できることってありますか?

【質問】
家計について、アドバイスをお願いします。

私は、現在妊娠14週になる主婦です。
旦那が25歳で、私は21歳です。

旦那は、中堅の小売業の会社へ勤めています。
経理関係をやっています。
給料は、手取りで23万円。
多い時で26万円になります。

出費は次のようになっています。

*家賃:月64000円。
駐車場代(2台分)も含みます。

*車のローン:月20300円。

*自動車保険:月8430円。

*携帯代:月12000円。
2人分です。

*借金返済:月1万円。
旦那の祖母への返済です。

*国民健康保険:月19920円。

*旦那への小遣い:月2万円。

これに、食費、光熱費、衣料品費などが出ます。

時々外食とかするのですが、それを入れなくとも、赤字です。
食費を切り詰めれば、なんとかギリギリかな、というところです。
貯金をしている余裕はありません。

今後、出産したら、さらに金が出ていくことになりますよね。

なお、旦那に内緒の貯金が60万円あります。
でも、これは絶対に内緒。
手を付けるつもりはありません。

これが我が家の家計ですが、どうでしょうか?
将来のことを考えて、必ず貯金もしたいのです。

どうしたらいいでしょうか?
皆様のアドバイスを、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------


【回答】

■節約できる項目

計上されている費用を合算してみました。
支出は146460円
ただ、ここに食費と光熱費が含まれていませんよね。

あとご主人のおこづかいも。
ぱっと見た感じでは、削れる項目は携帯代くらいですね。
他は固定されているものばかりなので。

車のローンや祖母への借金返済は完済すれば浮いてくる項目だと思います。
携帯はスマホをご利用ですか?

今よりもっと貯蓄を増やしたい、節約しなければ・・・という状況なのであれば
ガラケーに戻すと随分月額費用は変わってくるとは思います。
ただ、ご主人の理解を得る必要もでてきますのでじっくり相談しないといけませんね。

節約に好意的でないご主人もいらっしゃるので、
そういう人だとなかなか理解はしてもらえないどころか、奥様の金銭感覚が負担になって
ご主人が窮屈に感じたりストレスになったりして結果的に夫婦仲が悪くなることもあります。

まだ、新婚で奥様が妊娠中とのことなので、ご主人もきっと優しく応じてくれるとは思いますが
よくよく切り出し方を考えて相談してみてください。


■支出はそんなもの

奥様は毎月の支出が多くてびっくりしていらっしゃいますが
どこのご家庭も同じ位の支出は抱えていると思います。

食費と光熱費がどれくらいなのかわかりませんが、
キチンと決まった支出額を把握されていることから、こちらもしっかり管理されていると想像します。

特に無駄遣いしている様子もありませんし、これからご主人のお給料が徐々に増えてゆくはずなので
充分生活していけると思います。

ただ、お子さんが生まれると話は違ってきます。
お子さんにかかる費用が成長につれてどんどん増えてくるからです。
食費を節約したり光熱費を抑える努力をしたりする必要もでてくるでしょう。

お子様の将来に備えて「学資保険」に加入したり
万が一の時のために、ご主人やご自身が「生命保険」に加入したり
ライフスタイルの変化によって必要になってくるものがでてきます。

もちろん、毎月貯金したいという奥様の決意もとても大切だと思います。


■お子さんが生まれたら・・・

お子さんが成長すると、費用がかかるようになるので家計が苦しくなることも考えられます。
公的機関を含め子供を預けられる状況になると、仕事探しを始める主婦が多いですよね。

家計に不安があれば、ご自身が仕事をすればいいと思って
今はお腹の中の赤ちゃんを元気に出産することに集中して下さい。

共働きの夫婦って多いですからね。
夫婦で協力しあって家計を担っていくという選択肢もありだと思います。

ナイショの貯金を増額できるように、節約して少しずつでも貯金して
出産後、奥様が働けない間の保険に蓄えておいてください。

いざという時のためのお金があるとないとでは、状況は全然違いますからね。
出産後働けない状況で家計が赤字になると八方ふさがりになりますから。

節約は奥様一人の意識だけでは難しいので、是非ご主人にも協力してもらって下さい。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top