ホーム » 家計のやりくりQ&A » 家計節約に主人の理解を得るにはどうすればいいでしょうか?

家計節約に主人の理解を得るにはどうすればいいでしょうか?

【質問】
家計が苦しいのに、旦那が協力してくれません。
どうしたらいいでしょうか。

我が家は、旦那(32歳)と私(33歳)、それに生後6か月の娘がいます。

旦那の給料は、手取りで19万円です。

出費は次のとおりです。

*家賃:6万円。
駐車場代も入っています。

*車のローン:3万円。
あと3年あります。
また、ボーナス時に、夏12万円、冬20万円が出ます。

*車の保険:17500円。
旦那と私の2台分です。

*携帯代:15000円。
旦那と私の2台分です。

*生命保険:9250円。
旦那の生命保険です。

*県民共済:2千円。
私の分です。

*学資保険:12500円。
娘のためです。

*食費:2万円。

*水道代:2500円。
2か月ごとです。

*旦那の小遣い:5千円。

その他に、おむつ代などがかかります。

旦那に金がないというと。
「給料の範囲でなんとかしろ」

節約をして頑張っていると。
「ケチケチするな」

実は、この前、ボーナスがカットされました。
そうしたら。
「しょうがない」
しょうがないで済むか、じゃぁないですよね。

今度のボーナスのことを聞くと。
「でるかなぁ、分からないよ」

もし、今度のボーナスが出なければ、完全にお終いになります。

とにかく旦那は、のらりくらりとするだけです。
娘の育児も、助けてくれません。

今私は、離婚を考えています。
皆様、どう思われますか。
どうぞ、アドバイスをお願いします。

-------------------------------------------------------------


【回答】

■削減できる項目がないか考えてみる

ご主人の考え方や態度が私の主人ととても似ていて苦笑いしました。
同じ様な人がいるもんですね。
家計の項目を合算してみましたが、ホントにカツカツですね。

このままじゃボーナスがなかったりするとホントに大変です。
これからお子さんが成長するにつれて教育費がかかるようにもなりますし
今から対策を講じておいた方がいいと思います。

ご主人の理解を得る前に、まず削れる項目がないか探してみましょう。

食費や光熱費を見てもものすごく努力されているのがわかるので
気持ちが痛むのですが、気になる項目があります。

私なら、携帯代を一番の候補に挙げます。
二人で15000円というのは、二人ともスマートフォンですか?

私も主人も携帯をほとんど利用しないので実際どれくらいまで節約できるのかは
わからないところがあるんですけど、
我が家は夫婦ともガラケー利用で携帯代は二人で月額3000円ちょっとくらいです。

パソコン代わりに使っているなら別ですが、携帯代を見直すのはどうでしょう?
固定電話の料金がないので、もしかしたら、固定電話は利用されてないかもしれませんね。

電話はできるだけ利用しない、メールで要件を済ますなど工夫するのもいいかと思います。

あと、ご主人の生命保険9250円。
これは掛け捨てタイプではないんじゃないかと思いますがどうですか?

掛け捨てタイプは解約時に何も戻ってこないので、損をした気持ちになりますし
貯蓄と思って掛けるには不向きではありますが
奥様のご家庭のように収入が少ない場合、掛け捨てを選ぶべきです。

それでしたら、ご主人もまだお若いですし、今の掛け金の半額位に抑えられると思います。


■ご主人の理解を得るには

ご主人にしたら、頑張って働いて得た収入に文句を言うな!というところでしょう。
確かに、仕事をして家族を養うのって大変なことだと思います。

だけど奥様が、家計が火の車なのにその言いぐさはないでしょう・・・という気持ちになるのも理解できます。
奥様だって小言は言いたくないですものね。

でも、ご主人も月5000円のお小遣いでよく頑張ってると思いますよ。
ご主人をねぎらいながら、実は月にこれだけ支出があって
このままじゃ子供の成長を考えると不安だから働きに行きます・・・と、決意表明をすれば、わかってもらえませんか?

何もご主人にアルバイトをしてくれと言っているわけじゃないし
奥様が家計を助けるというのに文句をいう道理はない気がします。

多分、言い方次第なんだと思います。
イライラしたついでに売り言葉に買い言葉・・・これでは喧嘩になりますよね。

「私も協力しますから、私が土日働く間子供をみてもらえない?」
と、穏やかに笑顔で切り出すのはどうでしょう?

節約節約だけでは、奥様の気持ちが疲弊していく一方なので
奥様が働いて収入を増やすのがやはり得策だと思います。

ここは奥様が譲歩する形で、ご主人をたてて説得してみてください。
可愛いお子さんのためにも頑張って下さいね。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top