ホーム » 家計のやりくりQ&A » 夫の収入がアップ、おこづかいはどれくらい増やせばいい?

夫の収入がアップ、おこづかいはどれくらい増やせばいい?

【質問】
旦那に渡す小遣いの、妥当な金額を教えて下さい。

私は、31歳の主婦です。
現在は専業主婦ですが、一昨年までは、働いていました。

夫婦とも働いていた時は、2人とも、勝手にやっていました。
小遣いとして7万円以上、使っていました。
30万円になったこともあります。
それでも、何とか成っていたのです。

現在は、旦那だけが働いています。
年収で456万円。
月の手取りが、29万円です。
これで、小遣いとして42000円を渡しています。

この小遣いに含まれるのは、次のものです。
昼食代、たばこ代、飲料関係代、交際費、雑誌代。
なお、携帯代、散髪代は家計から出しています。

42000円は、手取りに対しては多すぎますよね?
本当は、30000円にしたかったのですが。
大論争の末、42000円になってしまったのです。

今度、旦那が転職します。
年収が、456万円から500万円にアップします。
なので、小遣いもアップせよ、と言うに決まっています。

どのくらいアップすれば妥当なのでしょうか?
旦那は営業で、口達者です。
それに負けないような、数字的根拠(?)が必要なのです。

具体的な数字を、教えて下さい。
それと、どういう風に言えば説得できるか、その方法も、お願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■世帯収入はどれくらいですか?

兼業主婦さんとのこと、奥様もお仕事をしてらっしゃるんですよね。
ご主人のお給料とご自分のお給料の両方を管理されてるんでしょうか?

ご主人だけのお給料でやりくりされているのでしたら、月30000円位のおこづかいで妥当かなと思います。
確かに42000円だと、余裕があるような感じがしますね。
だけど、奥様がお仕事をしてらっしゃるのでしたら事情はちょっと違うかなと思うんです。

奥様のお仕事が正社員なのか、あるいはパートやアルバイトか雇用状況によっても
月収が随分違ってきますから、一概には言えませんが奥様にそれなりの収入がおありでしたら、
ご主人がおこづかいに若干プラスアルファを期待する気持ちも分かるかなと思うんです。


■転職を機におこづかい増額を要求??

転職すると年収で44万円プラスになるんですよね・・・
ということは、当然おこづかいアップを要求されてもおかしくないかなと思います。

私だったら、月額に換算して4万円増収すると考えて
1割の4000円位は上げてあげてもいいかなって思うんですけどいかがですか?

ご夫婦にはお子さんはいらっしゃらないんですよね。
これから出産の予定や計画はありますか?

備えはできるだけ沢山あった方がいいと思いますし、ご主人が金銭の管理にルーズだったりすれば、
奥様が手綱を引き締めてしっかり貯蓄に励み将来に備えることってとても大事だと思います。

例えば、今後のライフプランのようなものをご夫婦で話し合ったりはしていますか?
やみくもに貯蓄をするというのは夫の理解を得にくい所もあったりします。

具体的なプランや将来設計等目標があれば、夫も理解してくれるものです。
家はいつごろ、子供はいつごろ・・・老後の備えはどれくらい・・・
そういった将来的見通しをお二人で話し合ってはいかがでしょう?


■家計簿があれば一番

家計管理に家計簿をつけていますか?
男の人ってさっきも言ったように、あいまいな言い方や考え方が伝わりにくい気がします。

なんでも具体的にわかりやすくしないと、あーだこーだと文句をつけてきて・・・
うちの主人もそうだったりします。
なので、家計のことは家計簿を見せるのが一番。

奥様はお仕事をされているので、ちょっと面倒臭いかもしれませんね。
3ヶ月位で構わないので、ぐっとこらえて家計簿をつけてみませんか?
そして、それをご主人に見てもらうんです。

数字にして月の収支がわかれば、奥様の言い分も理解してもらいやすいと思います。
例えば、家計にかなりゆとりが出たとしても、ちょこっと細工して水増ししてみたり
項目はいくらでも調整できますよね?

家計にそんなにゆとりがないということを上手に示せば、それほど無理な要求はされないんじゃないかと思いますよ。
ご主人は口が達者とのことですが口では負けてしまっても、数字は論より証拠です。

無い袖は振れない、これ以上どうしようもないと分かればご主人も言葉を飲み込むんじゃないでしょうか?
一緒に節約に励んでくれるようになるかもしれませんよ?

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top