ホーム » 家計のやりくりQ&A » 主人に生活費をあげてもらうのに上手に切り出す方法はありませんか?

主人に生活費をあげてもらうのに上手に切り出す方法はありませんか?

【質問】
家計を、2人での共同管理にするには、どうやればいいでしょうか。

私は、28歳の専業主婦です。
旦那サマは24歳。

結婚して、1か月ほどで、妊娠が分かりました。
現在は、妊娠7か月です。

結婚前、いろいろ話をしたときの事です。
給料は誰が管理するのか、聞きました。
「2人で管理しようよ」という答えでした。
でも、いざ結婚したら、旦那サマが管理し始めました。
そして、そのまま、ズルズルと、それが続いています。

毎月の食費は、渡してくれます。
でも、それ以外は、全部、旦那サマが管理をしています。

でも、食費として渡された額では、とても足りません。
化粧品代や携帯代など、いろいろかかりますから。
それらの足りない分は、私の貯金から出していました。
でも、そんなに貯金もありません。
そして、妊娠のことで、妊婦健診費が出るようになり、もう貯金はゼロです。

これまでは、余分にお金が欲しい、とは言えませんでした。
何となく、言いにくかったのです。
でも、もう限界です。
「結婚前の話はなんだったの」
ということです。

家計を共同管理にするよう、話を切り出すには、何と言えばいいでしょうか?

上手な切り出し方を、教えて下さい。
経験がある方々の回答を、お待ちしています。

-------------------------------------------------------------


【回答】

■遠慮は無用、今が大事です

新婚時代って新鮮な気持ちだったり、ご主人のお給料で生活するのにちょっと遠慮もあったりで
旦那様に遠慮がちな奥様って結構いらっしゃいますね。

かくいう私もその口でした。
主人から生活費だけをもらって生活していました。
もらっている額で余裕があったので、これといった不満はありませんでした。
ある時、主人が貯金を全くしていないことが発覚したのをきっかけに
私が家計のすべてを管理して、主人にはおこづかいを渡す形に変わって長くなりますが、
正直なところ、生活費だけをもらっていた頃の方がやりくりは楽だったりします。

私が考えるに、家計のやりくりを自分(奥様)にまかせてもらうという選択肢もありですが
食費と言ってもらっている金額を、その他色々含めた額にして増額してもらうという手もありますよ。

特に自分が働けない場合は、なんとなくご主人にパラサイトしている気分になりやすい気がします。
生活費をもらっているだけで、実際の所、夫の給料がいくらほどあるのか知らない奥様もいる位です。

ご主人にしたら、食費だけ渡している方が自分の自由になるお金が多いっていうのが
正直なところじゃないかと思うんです。
特に、もらっている食費の額が奥様が不足を感じるくらいの額であるならなおの事、
ご主人の負担が少なくすんでいるわけですしね。
奥様が損失を自分の貯金を切り崩して補填していることをご主人はご存じですか?

それを知っていても何もリアクションしてくれないご主人なら問題ありですけど
恐らく相談されていないんじゃないでしょうか?

私の経験から、お金のことは結婚当初にしっかり話し合っておくのがいいと思います。
年月が経過するほど言い出しにくくなりますし、たまらなくなって相談したとしても
「今までやってこれていたのにどうしてできないのか?」と要らぬ疑念を招く恐れがあります。


■ご主人に事情を説明する

きちんと収支を家計簿等につけていますか?
もらった食費でどういった項目にどれくらいの金額を使っているか、
数字にして挙げてみることから始めましょう。

数か月つけていれば、月々の赤字額が平均して見えてきますよね?
項目がキチンと明示されていれば、ご主人としても「無駄」と勝手に判断することもできないはずです。

私なら、家計簿をつけながら、うまく調整して自分のへそくりや貯金が捻出できるよう
必要な生活費を水増し請求します。
ちょこちょこっと調整すればそれくらい簡単にできますよ。
嘘をつくのは・・・って躊躇は要らないと思います。

結局家計って夫婦二人で管理するものでしょう?
ご主人の貯金も奥様の貯金も二人のもの・・・そう思うと奥様が管理するお金が少しくらいあっても
罪悪感を抱く必要は全くないと思いませんか?

ご主人には、数か月つけた家計簿を見せて、毎月の赤字額を把握してもらって
今までは自分の貯金を崩して補填していたけど、貯金が底をついてそれもできなくなってしまったことを
話したらいいんじゃないですか?
数か月も待てないというなら、今まで月額どれくらい不足がでていたか奥様もわかってらっしゃると思うので
その事情をご主人に正直に話すしかないと思います。

「今まで遠慮していて言い出せなかった・・・。」と言えば
ご主人も「可哀そうに、言ってくれればよかったのに。」って言ってくれそうじゃありませんか?

意外とご主人は奥様が何も言わないから足りていると思っているだけでケチっているんじゃないかもしれませんよ。

新婚時代って、大概のご主人は奥様に優しいと思うんです。
年月経過するとだんだん冷たくなってくる人もいるので、お金の相談は今のうちですよ。

ひとりで辛い思いを抱えていないで、ご主人に早く相談してみてください。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top