ホーム » 家計のやりくりQ&A » 主人の携帯電話代を安くしたいのですが、2台持ちがいいのでしょうか?

主人の携帯電話代を安くしたいのですが、2台持ちがいいのでしょうか?

【質問】
携帯電話の費用を安くする方法を、教えて下さい。

我が家は、私と旦那、それに2歳の子供の3人家族です。
私は25歳、旦那は28歳です。

旦那は、東海大学を出て、公務員になりました。
それを1年で辞めて、現在の設備工事の会社へ転職しました。
旦那は体育系ですから、今の会社の方が合っていると思います。

家は、公団のアパートです。
狭いですが、家賃が安いので、助かっています。
そのかわり、旦那の通勤時間が、1時間もかかります。
でも、安い家賃の所で我慢して、貯金をしなければなりません。
もちろん、マンションを買うためです。

いろいろ倹約しているのですが、ここでは、携帯電話のことを相談します。

旦那の会社では、仕事の連絡に使う電話は、自腹になっています。
昔からの会社の規則なんだそうです。
どうも納得が行かないのですが。

それで、月々の電話代金が1万6千円くらいかかります。
これを、もっと安くする方法はありませんか?

旦那の携帯電話は、確か、auのスマホです。
これを、別な、安い機械にするとか。
なんとかプランを変更するとか。
こうしたことはどうでしょうか?

私は、携帯電話やそのプランについては、何も知りません。

詳しい方、分かりやすく教えて下さい。
お願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■大手三社の携帯料金比較

スマホの携帯代が高いと悩んでいる人って結構いますね。
パケット通信料の方は、「パケ放題」に入れば上限が決まっていて
高額請求を回避できるので、通話料金の方が問題になってきますね。

大手三社(NTTドコモ、ソフトバンク、au)のスマホ利用の月額料金を比較してみると、ほぼ横並びです。
どこかが新しいお得なプランを導入すると、追随して他社も導入する・・・という
決まりきったような流れができてしまっているので、
大手三社間での月額利用料金の差っていうのはほぼないと思ってもいいと思います。

この春、NTTドコモが「通話料定額」という電話料金が安くなるプランを導入したのをご存じですか?
月額2700円程度で、携帯会社や時間を選ばずどこにでも無料で電話ができるというプランです。
このプランにも他2社がすぐに反応して追随を発表しました。

ソフトバンクが6月中をめどにauが8月をめどに、同じような料金プランを導入予定です。
ご主人はauをお使いとのことですので、もう少し待って「通話料定額」に加入すると
今までよりかなり携帯電話料金を安くすることができるようになると思います。

奥様は携帯に詳しくない、という印象を受けましたが、ご主人と同じ携帯会社をご利用ではありませんか?
確かに携帯料金って複雑ですし、いろいろとプランを組み合わせることも必要になってくるので
わかりづらいところがありますよね。
ひとつ言えることは、奥様も携帯をご利用でしたら、ご主人と同じ携帯会社を利用するとお得になると思います。
どの携帯会社にも「ファミリープラン」といった家族利用で安くなるプランがあるからです。
ご主人の携帯料金を見直すと同時に手続きしてみてはいかがでしょうか。


■その他の携帯会社の料金について

奥様がおっしゃっているWILLCOMを利用するという方法についてです。
スマホの通話料金が高いから、WILLCOMを通話専用にして2台持ちにするという人がいますね。

「新ウィルコム定額プランS」というプランがあり月額基本料1381円で利用できます。
ここにオプションで「だれとでも定額」をつけると、月額934円で他社携帯や固定電話への通話が10分以内に限り
500回まで無料になります。
また、「スーパーだれとでも定額」をつければ、月額1500円で無制限無料で利用できるようになります。

「だれとでも定額」利用の場合は、月額が2315円、
「スーパーだれとでも定額」利用の場合は月額2881円ということになりますね。

イーモバイルにも似通ったプランがあってWILLCOMを利用するより若干安くなっています。

ただ、WILLCOM2台持ちがお得というのは、大手三社の「通話料定額」が打ち出される前の話です。
純粋に電話料金のみを考えて安くしたいというのであれば
「通話料定額」をプラスすることで充分対応できるのではないかと思います。

是非検討をお勧めします。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top