ホーム » 家計のやりくりQ&A » 結婚前に買った携帯のローンを夫に支払ってほしいというのはダメ?

結婚前に買った携帯のローンを夫に支払ってほしいというのはダメ?

【質問】
携帯の代金をダンナに払わせる方法を教えて下さい。

私は、24歳の主婦です。
専業主婦をしています。

ダンナは同い年です。
印刷会社で働いています。
スーパーの広告や、街のお知らせなどの印刷をしている会社です。
社員が20人ほどの、小さな会社です。
高卒で入社して、ずっとそこで働いているのです。

私は、高校卒業後、スーパーに入社しました。
ずっと経理関係で電卓を叩いていました。
ところが、代理で広告見本を届けに行き、ダンナと知り合ったのです。

そして結婚して、仕事を辞めました。
まだ子供を作る予定はありません。
なお、家計の財布はダンナが握っています。
毎月、食費代と日用品代だけ、貰っているのです。

ダンナと知り合う以前のことです。
携帯電話を買い替えました。
それで、毎月、基本料金と機種代で8000円出ています。

この出費が、結婚後も続いています。
もう、私には収入がありません。
それで、ダンナに払ってくれ、とお願いしました。
でも、ダンナは嫌な顔をします。
「高いじゃん。結婚前のことでしょ」

確かにそうですが、結婚すれば、家計は一緒じゃないですか?
入ってくるお金を、一緒に、分けて使う。
それが結婚ですよね。

皆様、どう思われます。
アドバイスをお願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■結婚前に組んだローン

結婚前に買った携帯本体の分割支払と月々の通話代が8000円位とのこと。
私の経験では、結婚前に組んだローンの支払いは全て自分で支払いました。
主人に相談すれば支払ってくれたとは思いますが、
なんとなく新婚当初は遠慮があって言い出しにくいところもあった気がします。
私は結婚してからもしばらく仕事をしていたので収入も貯金もあったこともあり
別段問題なく完済しました。

奥様は貯金をお持ちですか?
どのくらいの貯金を持ってらっしゃるのかにもよりますけど・・・
(貯金がなかったら支払えないので、そうなるとご主人を頼るしかないですよね?)
貯金が減ってしまうから・・・という理由でご主人にお願いするのは
ご主人も「それはどうなの?」と思っても仕方ないかなと思うんです。

また、妊娠して働けないという状況であれば、事情が違ってきますが
ご主人の理解があって働いてもよいという環境なのであれば、
貯金が減るのが嫌だというのなら、私ならアルバイトを探して収入を得る努力をします。
2年のローンだったら、そのローンを完済するまで・・・と心を決めて働けば
しぶるご主人にローンを払ってもらうよりもずっと気が楽ですしね。

ご主人にしたら「そこまで甘えるなよ!」なんだと思うんですよね。
実際家計を握っているのはご主人で、奥様は生活費をもらっているわけですから
その中でやりくりして、少し浮かせたお金をへそくりするとか・・・そういった工夫はできませんか?
最悪、少し足りないからと理由をつけてちょっとだけ生活費をプラスしてもらって、
そこから携帯代をねん出するという手もありますけど・・・
なんとなく後ろめたい気持ちにはなりますよね。


■支払う努力

奥様が自分のローンは自分で返すという姿勢をご主人に見せれば、ご主人の気持ちも変わるかもしれませんよ。
いきなり、「収入がないし、貯金もどんどん減るから支払って!」といえば
反感を持たれるのもわかりますよね。

だから、携帯代を完済するまで仕事をしようと思う・・・とほのめかしてみて
ご主人の反応をみるのはどうでしょう。
あくまでも自分で支払う意思があるということをわかってもらうんです。

そしたら「そんなに貯金に余裕がないの?じゃ俺が払ってあげるよ。」となるかもしれませんよ。
もし、「働いてもいいよ?」というような返事であれば、やっぱりご自身で返済するしかないでしょうね。

結婚することなんて考えていなかった・・・というのは理由になりません。
どんな状況であれ、自己責任だと思います。

ご主人の気持ちを動かすのも、奥様の腕次第だと思います。
「払ってもらって当たり前」という姿勢は見破られるし、それは傲慢だと思います。
「迷惑かけてごめんなさい、お願いします。」という低姿勢でお願いすれば
理解を得られるかもしれませんので、どうしても支払って欲しいと思うのであれば
よくよくお願いの仕方を考えてみてください。


私なら自分で完済することを選択しますけど・・・。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top