ホーム » 家計のやりくりQ&A » 旦那の奨学金の金利は高いの?それとも低いの?

旦那の奨学金の金利は高いの?それとも低いの?

【質問】
奨学金の金利、それから返済方法について、相談します。

我が家は、主人と私の2人です。
半年後に、家族が1人増える予定です。
現在は、埼玉県にある公団のアパートに住んでいます。

主人は、日大の法学部を出て、公務員になりました。
大学時代から知っているのです。
その当時からまじめ人間でした。
勉強も、コツコツとやるタイプです。
まあ、公務員には適した性格だと思います。
成績も良く、奨学金を貰っていました。

その奨学金が質問なのですが。

先ず、我が家の家計です。
収入は、月23万円。
生活費、光熱費などが約8万円。
保険や医療費で3万円。
家賃やガソリン代で11万円。
ぎりぎり、1万円ほどの黒字です。
いずれ家を買う予定なので、貯金をしています。

この出費の中に、主人の奨学金の返済が入っています。
金利が 1.0697222% なのですが。
この数字は、高いのでしょうか?
現在、奨学金の返済額が、トータル350万円残っています。
今後の家の購入のこともあるし、他の返済を極力抑えたいのです。
例えば、もっと金利が安いお金を借りて、一括返済する、とかした方がいいでしょうか?
一度、銀行で相談したのですが、はっきりした答えは得られませんでした。

何か、よい方法があれば、教えて下さい。
お願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■奨学金には2種類あります

一種奨学金は無利子
二種奨学金は有利子

相談者様のご主人は二種奨学金を受けたんですね。
だから、一種に比べたら李氏が付く分、当然返済額は大きくなりますが
奨学金といっても借入金には違いないし、無担保での借金の利子として考えたら
破格の低金利だと思います。

3%の利率で借りているという人もいる位ですよ。
非正規雇用で働く人には返済が辛く、結婚どころか日々の生活すら大変という話も聞きます。

ご主人の月々の返済額はおいくらで、何年返済の予定でしょうか?
住宅ローンの金利よりもずっと低金利ですが、
コツコツ返済していくのに毎月家計に負担がかかる返済額ですか?

私の夫に奨学金の返済が残っていたら・・・と家庭すると
月々の返済額にもよりますが、残金350万円というのも小さい額ではないですし
できるだけ早く返してしまいたいと思いますね。
たとえば、子供がほしいと思っても、そういった借金のある状況では不安ですし
なかなか積極的には考えられませんしね。
まとまったお金が手元にあって、用途がきまっていないのであれば
今は銀行に預けていてもほとんど利息がつかないので
借金返済にあててしまうことを考えるかもしれません。


■奨学金の繰り上げ返済

奥様の心情として借金は好ましくない、早く返済してしまいたい・・・
いうお気持ちであれば、繰り上げ返済も可能ですよ。

奨学金を返しながらの生活に不安を感じるというのはよくわかります。
月々の返済額を減らしたいと思ったなら、まとまった額を返済してしまうのも一考かと思います。

そうすれば、返済回数を減らせますし、返済した金額分利息も減らすことができます。
住宅ローンの繰り上げ返済と同じですね。
サイトに詳しく情報が載っているので、興味があればご主人と相談されるといいと思います。
http://www.jasso.go.jp/henkan/oshirase/kuriage.html

私個人の意見ですが、借金はできるだけ早く返すに越したことはないと思います。
たとえ低金利であっても利息って勿体ないですから。
極端な話になりますが、月々の奨学金返済額を貯金にあてることもできるわけですから
そうなると余計に勿体ない感が増してきますよね。

そこでご提案なんですが、ご夫婦でライフプランをたててみるのはいかがでしょうか。

何歳くらいで子供をもうけたいとか
何歳くらいで家を持ちたいとか

人生の大きな変化というのはこの2点かなと思います。
この2点は夫婦で一応目標が立てられますからね。
計画通りに運ぶとは限りませんが、資金計画はできるはずなので
そういった計画にご主人の奨学金返済がどのように影響してくるかも考えることができるはずです。
後何年で返済してしまおうとか、繰り上げ返済をしようとか、
マネー計画も明確になってくるんじゃないでしょうか。

奨学金が借りられるほど優秀なご主人なので、
きっと奥様の不安を取り除いてくれると思いますよ、ご主人とよく話し合って下さいね。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top