ホーム » 家計のやりくりQ&A » 生活費の節約をしたいのですが、見直すべき項目はありますか?

生活費の節約をしたいのですが、見直すべき項目はありますか?

【質問】
家計についてアドバイスをお願いします。

我が家は、私と主人、2歳の娘、私の母と祖母の5人家族です。
主人は、機械器具の販売店で事務をやっています。
私は、パートで、スーパーの店員と、事務手伝いをやっています。

最近、家を新築しました。
これで、家族5人が、どうやらゆったりと生活できそうです。
でも、家計は、ゆったりではありません。
もう、火の車です。

それで、どうしたらいいのか、のアドバイスをお願いしたいのです。

現在の家計は、次の通りです。

*主人の収入:月24万円。
定期昇給は、期待できないようです。

*私の収入:月10万円。
パートなので、不安定です。

*ローン支払い:155000円。
これは、減らすことはできません。

*食費:30000円。

*光熱費:25000円。

*生活用品費:8000円。

*ガソリン代:6000円。

*通信費:15000円。

*美容院費:3000円。

*雑費:8000円。

*医療費:4000円。

*保育園費:17600円。

*保険費:10000円。

*ペット関係:2000円。

*外食などの遊興費:10000円。

以上なのですが、どこか、減らせるところがあるでしょうか?
食費と光熱費がいちばん気になるのですが、どうでしょうか?

回答を、お願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■家のローンの負担が大きい

節約以前に月々の家のローン155,000円は大きいですね!
びっくりしました。
普通、家賃や家のローンは月収の30%以内に収めるのが理想とされているので
50,000円程普通の家庭より負担が大きいことになりますものね。

ここは変更できないんですよね・・・
いずれ、繰り上げ返済を含め、支払月額を減らせるよう、「ローンの借り換え」も念頭に置いた方が
良い気がします。返済期間を短くするために組んだローンであれば、頑張って早く完済すれば後が楽ではありますね。


■必要項目を見直す

支出をトータルしてみたんですけど、ご主人や奥様のお小遣いや預貯金が含まれていませんよね。
なので全体の収支でどれくらいのゆとりがあるのか、赤字が発生しているのか把握できません。
また、具体的に節約目標額があれば、計算しやすいんですがそれも特にないんですよね。

まず、5人家族で「食費」30,000円は努力されていると思います。
きっとお買物上手でお料理にも工夫をされていることと想像します。
まだお子様も小さいですし、ご両親も女性なので食費は少なくて済むところもあるかもしれませんね。

「光熱費」はもうちょっと削れないかなと思う項目ではあります。
家族5人一緒に一部屋で一家団欒する時間を増やしたり、お風呂は間をあけずにささっと済ませるなど
家族の協力があれば20,000円位には減らせないでしょうか?

「生活用品」と「雑費」で16,000円というのも用途が曖昧ではありますが
ここに「レクリエーション費」も含まれているんでしょうか。
削れるとしたら、これと、「美容」3,000円から合わせて3,000円位節約できないかな?と思います。

また、確実に減らせるのは「コンビニ」じゃないですか?
節約に「コンビニ」での買い物はNGです。
コンビニって確実に割高ですからね、できるだけ安値で買うことを習慣づけた方がよいと思います。

あまり、窮屈な家計にすると家族から笑顔が消えてしまう恐れがあります。
そうなっては節約が苦痛でしかなくなりますので、ある程度の楽しみは残しておきたいですよね。
「外食」6,000円位は必要経費かなと思います。

ざっと計算してみて、10,000円~12,000円位は節約できそうな気がします。
月額にしたらわずかではありますが、一年単位で考えれば100,000円程度の節約ができるので
決して小さな金額ではないと思います。
気が遠くはなりますが、十年もすれば1,000,000円と大きな金額になりますよ。


■これからの生活に備えて

これから今より費用がかかってくることが予想されるのが
子供の教育費、ペットの医療費等でしょうか。
習い事を始めたりもあるでしょうし、将来大きくかかるだろう学費のために学資保険に加入するなど
お子様の教育資金を蓄える必要があります。
また、ペットも歳をとると医療費がかさみます。
私自身、高齢になる犬を2匹飼っていますが、月々医療費が50,000円程かかって大きな負担になっています。
余裕があれば「ペット保険」に加入されることをお勧めします。

また、お母様達からの生活費の補助はありますか?
もし補助していただけているのであれば、それをないものとして貯めておいて
ローンの繰り上げ返済に充てたり、月々の負担が少なくなるよう努力するのもよいかなと思います。

そして、まだまだ先の話ではありますが、ご夫婦の老後の蓄えもお忘れなく。
頑張って節約に励んで下さいね。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top