ホーム » 家計のやりくりQ&A » 家主さんの都合を第一に、まずは仲介業者さんに相談してみましょう。

家主さんの都合を第一に、まずは仲介業者さんに相談してみましょう。

【質問】
中古住宅で、引き渡しまでは中に入れないのですか。

私は、40歳になる会社員です。
家族は、私と妻、それに中学生の子供1人の、3人家族です。

大学卒業後、5年間、報道関係の会社にいました。
その後、今の会社へ転職しました。
医療関係の情報を扱う会社です。

これまでは、マンションに住んでいました。
結婚3年目に、新築のマンションを購入したのです。
でも、やはり一軒家がいい、と思ってきました。
それで、いろいろ探しました。
高い買い物ですから、簡単に決めることはできませんから。

今度、ようやく、希望に叶う中古住宅が見つかりました。
それで、手付金を払い、あとは、残りの事務手続きだけです。
同時に、リフォームの話を始めることにしました。

それで、リフォームの業者に、家の中を見てもらう予定なのです。
でも、まだ、家には売主の人が住んでいます。
リフォーム会社の人が家の中に入る、と言いました。
売主は、嫌な顔をします。

そこで質問です。
手付金を払った状態の時、家の中には入れないのでしょうか?
契約や法律(?)では、どうなっているのでしょうか?
手付金を払っているのだから、中を見る権利はあると、思うのですが。
どうでしょうか?

なお、リフォーム会社は、3社で相見積もりをするつもりです。
3社もの人が入るのが、非常識ですか?
普通は1社だけ、とか常識があるのでしょうか?

なにしろ家の購入は初めてです。
こういう場合の対応方法が分かりません。

ご存知の方、教えて下さい。
お願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■仲介業者に相談してみる

中古住宅ということですので、仲介業者さんが介入していると想像します。
リフォームをしたいという旨を仲介業者さんに相談してみましたか?

仲介業者さんが家主さんとのパイプ役になってくれると思います。
『リフォームをしたいと思っているので、見積もりを数社お願いしたい。家主さんの都合もあるかと思うので
家主さんにお伺いをたててはもらえないか?』と相談すればいいと思います。

こちらから日時を指定して『いついつ伺いたいのですが・・・』というのではなく
家主さんの都合のよい日時をあらかじめ聞いてみて
あくまでも家主さんに合わせるようにすれば心証は悪くないような気がします。

ご自身が立ち会いたいというのであれば、その旨を伝えます。

手付金を支払っているとはいえ、正式な契約をしたわけではなく
あくまでもまだ家主さんの家なので、土足でズカズカと踏み入れるような印象をもたれると
契約がうまくいかなくなることも考えられます。

家主さんのご意向を伺いたい・・・という誠意を見せることが第一だと思います。


■リフォームするにあたって

家を買うということは人生の一大事。
多くの人は多額のローンを組むわけで、また相談者様はリフォームをお考えなので
より慎重になるのは当然だと思います。

納得のゆく形でリフォームを行いたいとのお考えも納得できることです。

一点質問なのですが、
リフォームの内容如何ではその物件を買わないという選択肢も残されているんでしょうか?
というのも、どうして契約前にリフォームの話を詰める必要があるかという疑問が浮ぶからです。

例えば物件を購入して引き渡しされてからでも遅くはありませんよね?
結局家主さんがお引越しをされないことにはリフォームをすることはできないわけです。
ご購入予定の物件の間取り図は当然お持ちですよね?

ということは、その図面を見てリフォーム業者におおまかなプランをたててもらうことは可能なわけです。
どうしても実際に物件を見る必要があるかどうかリフォーム業者に聞いてみましたか?

業者もその辺の事情は周知だと思うので、見積もり等は図面で出してくれるところもあると思うのですが。


■リフォームのタイミングを見直す

家を購入するとなると、今お住まいの家を出る、または引き渡すタイミングも絡んできますね。
賃貸契約もしかり、なるべく引き渡しと引越しに間をつくりたくないのが心情だと思います。

なのでリフォームもできるだけ段取りよく、効率的にとお考えなのも理解できます。

家主さんがご理解のある方、もしくは売り急いでおられる方なら
少々の無理にも応えてくれることもあると思います。
仲介業者さんを通して誠意ある態度を示せば、時間を作って内観させてくれる方もいらっしゃるでしょう。
リフォーム業者さんの立ち会いを承諾してもらえたなら、事前に菓子折りを持ってあいさつに行くなど
感謝の気持ちを伝えておいて間違いはないと思います。


しかし、忙しくてなかなか時間が作れない事情があったり、理解頂けない家主さんの場合は
リフォームのタイミングを見直すしかなくなりますね。

こちらの事情としてもリフォームについては熟考したいのはやまやまなので
比較検討等精査して望みたいですものね。

引き渡し後、ご自身の家になってから誰にも遠慮することなくリフォームにとりかかるしかありません。
どちらにせよ、リフォームをどういうタイミングで行うかというのは
引越しの日程にも大きく影響してくることですし、今お住まいの家の引き渡し時期も変わってきます。

まずは仲介業者さんにどのように進めるのが一番望ましいか相談してみるのが先決だと思います。
仲介業者さんも売りたい一心ですから、親身になって相談に乗ってくれるはずです。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top