ホーム » 家計のやりくりQ&A » 要は資金力と、どんなライフスタイルを望むかで決まります。

要は資金力と、どんなライフスタイルを望むかで決まります。

【質問】
戸建て住宅を購入したいのです。アドバイスを下さい。

我が家は、私と主人、それに子供2人の、4人家族です。
主人は、中央大学を卒業して、大阪にある会社へ就職しました。
企業へ、文具や用品を卸す会社です。
規模は、中堅企業、というところです。

現在は、賃貸マンションに暮らしています。
会社まで、1時間の距離の所にあります。

現在の家計は、かなり厳しいです。
毎月の生活費だけで、赤字になっています。
ボーナスを充当して、なんとか暮らしています。
子供も、来年から幼稚園になり、出費が増えます。
もし、昇給しなければ、5年で駄目になると思います。

それで、実は、一戸建て住宅を購入することを考えています。
やはり、住むなら、マンションより一軒家です。
子供の情操教育のこともありますし。

毎月の家賃を、住宅ローンに回せば、買えるのではないか、と考えました。
家賃なら、お金が出るだけ。
ローンなら、だんだん自分の物になるわけですから。
ある戸建て販売の店へ行き、計算してもらいました。
計算上では、なんとかなりました。

でも、あくまでも計算上のことです。
店の人は、売るために、おいしいことを言っているかもしれません。

なかなか戸建て住宅を買う決心がつかないのです。
戸建て住宅を購入された皆様へお聞きします。
どのようにして決断なさいましたか?
回答を、お願いいたします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■家を買うということ

賃貸に住んでいると毎月払う家賃が何となく無駄に思えてきますね。
賃貸は何も残りませんから。

家を買えば、それが資産になるわけですから毎月ローンを払っても無駄にはなりません。

賃貸と持家を単純に比較すると心情的には持家がいい気がします。

しかしじっくり賃貸と持家を比較検討してみると一長一短あるんです。
ご夫婦でどういったライフスタイルを描いていらっしゃいますか?
家は大きな買い物なので、お子様の成長を考えながらいつどのようなタイミングで家を買うか
しっかりしたビジョンを持つことが大切です。


■それぞれのいいところ

私は、賃貸マンションも、分譲マンションも一戸建ても経験しています。

賃貸は引越しが容易です。
ライフスタイルに応じて住み替えができますよね。
例えばご主人の収入が減った場合、安い物件を探して引っ越すこともできます。

分譲マンションは修繕積立金があるので共有部分に関しては心配が要りません。
家の中は自由にリフォームできるのでそこが賃貸とは違います。

戸建は何と言っても資産になるという点でしょう。


■マンションか戸建か

どちらがいいかは、やはり望むライフスタイルによると思います。
郊外に戸建を建てるか、都心にマンションを持つかというとわかりやすいでしょうか。

何をおいても生活至便な場所に住みたいと思ったらマンションに傾くでしょうし
多少の不便はあってもお庭のある一軒家に住みたいと思えば戸建になりますね。


■ローン以外にも費用は必要

家を持つと、ローン以外にも費用は発生します。
毎年払う固定資産税、不意に必要になる屋内外のメンテナンス費用等です。
そうすると、当然無理なローンを組んでの家の購入はNGということになりますね。

一般的に頭金は最低30%は用意した方がいいと言います。
また、月収の1/3以内にローン支払を収めるようにとも言いますね。
月々のローンを払ってなお、貯金ができる余裕が必要になります。

お子様が小さいうちに家を購入すれば、ローンを組める年数も長く設定できますし
月々の支払も安く済ませることはできます。

我が家の場合は、ボーナス払も組入れたローンを組んだので
夫のボーナスが出なかった時や減った時はヒヤヒヤしたものです。
安定した収入が望めない世の中になって、正直ローンを抱えているのを不安に感じることも多いです。
家の外壁を塗りなおすのに去年120万円程の出費もありました。
その際に、屋根の方も傷んできていると聞いて、賃貸の方が気楽だったな・・・と正直思いました。

この機会に生活費の見直しをしてみるとよいと思います。
今現在、家賃の支払に負担を感じているのであれば、
ローンの支払いがそれよりも少なくて済む物件を探す必要があります。

頭金は充分に用意できていますか?
ローンを支払って家計を圧迫しませんか?

この2点はとても重要です。


家は一生に一度の大きな買い物と思って間違いありません。
いい物件があった!から買うのではなく、まず資金です。

家を買う前に十分に資金を用意する必要があります。
資金に見合った物件を探すことをオススメします。
お子様が小さくて教育費が少なくて済むうちに、出来うる限りの貯蓄をしましょう。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top