ホーム » 家計のやりくりQ&A » ワーキングマザーになるのも一苦労、かなりの覚悟が必要です。

ワーキングマザーになるのも一苦労、かなりの覚悟が必要です。

【質問】
生活がぎりぎりです。収入を増やす方法を教えて下さい。

我が家は、主人と私、それに2歳になる娘の、3人家族です。
主人は、私立大学の商学部を卒業しています。
卒業後、台東区にある小さな会社で事務をしています。

実は、私たちは出来ちゃった婚なのです。
大学の同級生でしたが、4年のときに出来ちゃったのです。
主人は、大学院へ進学する夢がありました。
私は、商社に入り、ニューヨークで活躍する夢を持っていました。
でも、そんな夢を追っている場合ではなくなりました。
就職しなければなりません。
それで、主人は、今の小企業へ入りました。
とにかく正社員にならなければ、と必死だったのです。
給料は、かなり安いです。
しかも、仕事時間が長い。
夜10時過ぎに帰ってくることが普通です。
また、我々は、現在、アパートに暮らしています。
通勤に1時間かかる距離です。
我々の家計では、この場所のアパートしか借りられませんでした。

生活がぎりぎりなので、なんとかしようとは思います。
でも、子供がまだ小さいのです。
私が、正社員として仕事をすることができません。
現在は、スーパーの店員を2つ掛け持ちしているだけです。

こうした状態なのです。
どうしたらいいでしょうか。
アドバイスを、お願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■家でできる仕事を探す

ご主人のお給料だけでは生活が厳しいとのこと、
働きたくてもお子様が小さいためにアルバイトしかできないんですね。

家でできる仕事があるのをご存じですか?
最近では「在宅ワーク」といってパソコンがあれば家で事務補助のようなお仕事を請けることができます。
簡単なデータ入力や、記事の作成等隙間時間を利用しておこずかい稼ぎができます。
外で働くのと比べると稼げる金額は微々たるもので、決して楽に稼げるとは言えませんが
それでもコツコツお仕事をすれば月20000円~50000円位稼ぐことも可能です。
ネットで「在宅ワーク」と検索をかければ、沢山サイトが表示されると思います。

ただ、ここで注意したいのは、中には悪質な業者も紛れているという点です。
初期費用や登録費用が必要なところ、また事前に有料の講習を受けなければならないとか
金銭を要求されるサイトは利用しないようにしましょう。

お金を支払ったのに、お仕事がないといったトラブルが多いのがこういった業者の特徴です。


■まずは節約

生活費で削れる項目はありませんか?
毎月決まって出て行く支出を見直してみましょう。

食費や光熱費はもちろんですが、その他にも通信費や保険料、雑費等にも意外と無駄が隠れているものです。
比較できる対象があれば、比較してみて一番安くてお得なものに乗り換えましょう。
雑誌等書籍は電子書籍を利用するようにすれば安くなりますし、
図書館を利用すれば無料で済みます。

携帯のキャリアを見直すのもよいと思います。
携帯業界は競争が激しいため、サービス内容もめまぐるしく変わります。
意外とかかる通信費を見直すことで浮いてくるお金もでてくるのではありませんか?

節約というと、何となく後ろ向きで寂しい気持ちになるものですが
賢くお得に暮らすと思えば、やる気もでるし頑張った自分に自信が持てると思います。
ご主人にも協力してもらって楽しい節約を心がけましょう。


■子供を預けて仕事する

小さいお子様を預けて仕事に出るのには何かと不安がつきものですが
生活が貧窮してどうしようもない場合は、意を決して働きに出るという選択肢もあります。

そうなるとご主人の協力も必要になってきますので、ご夫婦でしっかり話し合う必要がありますが
これから、お子様の成長と共に出費は確実に増えますので備えは早いに越したことはないと思います。

また、保育園の料金がかかるようになるので、それ以上に稼ぐ必要がでてきます。
パートで働くと保育園の料金を払ってほとんど手元に残らないというケースもでてきます。

保育園の料金は市区町村によって違うのでネットで調べるか市役所で相談されるとよいと思います。
自治体によっては助成金が出ることもありますので下調べしてみてください。

又、仕事先が決まっていないと認可保育園には応募できません。

①無認可 又は 認証保育園に子供を預ける
②就職先を見つける
③認可保育園に応募する
④認可保育園の空きを待つ

認可保育園に預けるには①~④のプロセスを経なければならないと思います。


本格的にお仕事を始めるにも、なかなか大変だということが分かって頂けると思います。
幾つもの壁を乗り越えなければなりません。
よくよく考えて決断して下さい。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top