ホーム » 家計のやりくりQ&A » 学生がスマホを持つには、機種変更と乗り換えどちらが得。

学生がスマホを持つには、機種変更と乗り換えどちらが得。

【質問】
スマホを購入すると、どのくらい費用がかかるか、教えて下さい。

我が家は、私と主人、それに子供1人の、3人家族です。
埼玉県にあるマンションに住んでいます。
そろそろ戸建て住宅へ移りたい、と計画中です。
そのため、倹約をいろいろと考えています。

子供は、今度中学に入ります。
それを記念して、スマホが欲しい、と言っています。
私も、買ってあげたいけれど、問題は費用です。

現在は、携帯電話や固定電話は、全部auで統一しています。
それで、割引適用を受けているのです。
子供には、発着制限付の、お守り携帯を渡してあります。

それで、子供の携帯だけを、スマホに乗り換えるのです。
この乗り換えで、安くなるでしょうか?
新しい機械の購入費と、毎月の使用料。
総合して、安くなりますか?
例えば、長期ユーザーへの特別割引、みたいなものを考えています。

もし安くならないなら、解約して新規契約します。
新規契約するなら、どのキャリアがいいでしょうか?
契約費や、毎月の通信費など、教えて下さい。

スマホでは、ネットを見ることが多くなります。
その分、費用がかかるのは分かります。
そこのところを安くするには、どうしたらいいでしょうか?

もう1つ質問があります。
子供がスマホを持つのです。
不都合なネットなどをカットするには、どうしたらいいでしょうか?

初心者なので、よく分かりません。
回答を、お願いします。

-------------------------------------------------------------


【回答】

■各キャリアの料金プランを比較

◇au機種変更
・基本料金(LTEプラン):934円
・パケット定額(LTEフラット):5,200円
・インターネット接続(LTENET):300円
・月額利用料:6,434円

◇ソフトバンク
・基本料金(ホワイトプラン):934円
・パケット定額(し放題フラット):5,200円
・インターネット接続(S!ベーシック):300円
・月額合計:6,434円

◇DOCOMO
・基本料金(Xiにねん):743円
パケット定額(Xiパケホーダイ)5,200円
・インターネット接続(spモード):300円
・月額合計:6,243円

毎月定額で掛かる費用は、auとソフトバンクは同額です。
DOCOMOは基本料金が743円と200円安くなっています。

更にauとソフトバンクのパケット定額料金は、2年までの金額であり、3年目になると500円増額して、5,700円になります。
3社を比較すると、DOCOMOの月額が一番安いことになります。


■機種変更と乗り換え

同一キャリアで機種変更をすれば、各手続きが簡素化できます。
貯まったポイントも使えます。利点が全く無いわけではありませんが、傾向としては乗り換えをする方が、様々なサービスが施されています。

どのキャリアも2年間は基本料金が無料になります。
無料提供される機種が多くなります。
また乗り換え割引や、キャッシュバックなどのキャンペーンも随時行われています。


■学生特典の時期をねらう

どのキャリアでも、学生を対象とした進学時期(2月から5月)になると、大幅な減額サービスが実施されます。
学生本人の基本料金が3年間無料はもちろん、一緒に契約する家族も基本料金が1年あるいは2年無料になります。

機種代の割引も行われており、
auではU25家族セット:10,000円。
ソフトバンクでは学生家族まるごと割:15,000円。
家族も一緒に、受けることができお得です。

この時期の各キャリアのサービスを最大限に活用して、乗り換えをすることが一番お得です。


■乗り換えする時の注意

お子さんはキッズ携帯ですので、メールアドレスを発行されていませんから、メールアドレスは新規で取得すれば良いですが、
ご家族が一緒に、キャリア変更する際は、アドレスが変更されてしまいます。
連絡帳移行のサービスをしてくれない場合もありますので、ご自身でバックアップをしておきましょう。

乗り換えする月によって、利用キャリアからの途中解約扱いとなり、違約金が発生することがあります。
現在使用している契約月、キャリアの利用年数を確認しておきましょう。


■通話料・追加利用料が発生する

最初に記載した毎月の料金は、電話通話料やアプリ購入、音楽ダンロードは含まれていません。
スマートフォンは、小さいパソコンです。ネット環境が簡単に開くことができ、課金につながるサイトも多いです。
その点をしっかりお子さんに話をしておき、利用法について、取り決めをしておきましょう。また危険サイトに行かないよう、
フィルタリング機能を設定しておくことも大切です。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top