ホーム » 家計のやりくりQ&A » 主人の個人事業収入が不安定、家計費をどうやりくりすべきでしょうか。

主人の個人事業収入が不安定、家計費をどうやりくりすべきでしょうか。

 

【質問】個人事業主をされている家庭の
家計のやりくりを教えてください。
私たちは、先日結婚したばかりの新婚夫婦です。
共働きなのですが、家計の管理方法や支払い関係など
お金のことでいろいろと悩みを抱えています。
私の旦那は個人事業主をしているのですが、
まだ事業を始めて2年目になったばかりということもあって、
いろいろと分からないことが多いです。
特に確定申告や税金の支払いなどは、
今年の年度末にするので今はまだ経験したことがなく
不安でいっぱいです。
旦那は毎月の収入が一定ではなく、
去年一年間でも月によって10万弱から50万弱くらいまで
ばらつきがありました。
そのうえ事業を起こしたこともあって
貯金があまりなく、今現在の貯金額は
およそ50万円程度という状態です。
その50万円の貯金は年度末にある税金の支払いに
使う予定らしいので、実質貯金は無いに等しいです。
私は派遣社員として働きに出ていて、
毎月手取りで15万円前後の収入があります。
そして私の月々の支払いは、職場までにかかる
交通費として毎月1万5千円、
私の携帯料金1万円程度あります。
結婚するにあたって私と旦那で話し合い、
生活費は
毎月15万~20万円くらい
を旦那が渡してもらい、
その金額内で
家賃・光熱費・食費・生活雑費・私と旦那のお小遣いなど
をやりくりするということに決めました。
そして
私の収入は全額貯金していく
という話になっていました。
しかし、そう決めたにも関わらず
さっそくひと月目の今月、旦那の収入が少ない月だったようで
生活費として5万円しか受け取ることができませんでした。
仕方がないので私の収入から補ってやりくりする予定です。
これから先もこのようなことが度々起こっていては
貯金なんてほとんどできない…と不安でいっぱいです。
もう1つ気になることがあるのですが、
旦那のガソリン代など仕事関係の出費は
経費から落とすらしく旦那がやりくりするようなのです。
そこで気になるのが、
私の交通費や携帯料金の支払いについてです。
それらの支払いを、
・旦那からもらう生活費の一部である私のお小遣いから払う
・私の収入から払う
どちらが妥当なのでしょうか。
どちらにしろ結局は同じことなのですが、
家計簿をつけるときなどどちらにすればいいのか
気になってしまいました。
決まった答えというものはないかもしれませんが、
みなさんの意見を聞きたいです。
また、旦那が個人事業主をされている方がいましたら、
どのように家計をやりくりしているのか教えてほしいです。
よろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------
【回答】
■家計費は毎月定額で入れてもらう
ご主人が起業されて2年目ということで、仕事量がまちまちで、収入が安定していないようですが、家計費に入れる額を
月ごと変更されては困ります。
ましてや15万円の予定が、3分の1の5万円では、やりくりするどころではなく大変なことです。
結婚初めての月から5万円しか、家計費に回せないのでは、先々の不安が大きいです。
今の内に、ご主人としっかり話し合う必要があります。家計費は月15万円と定額と決めるべきです。
自営の収入は、取引先の支払い日によって変更されますので、今月回収できなかった金額が、来月には回収できると思われます。
家計費不足分の10万円は、‎次の月に追加してもらいましょう。
今後については、収入が10万円以下の月もあれば、50万円程の月もあるとのことなので、50万円収入の月には、余裕があります。
会社の口座とは別に口座を設け、予備費として預けておき、そこから収入が少なかった月の家計費不足分を、
出金するように取り決めたらいかがでしょうか。
奥様が収入を得ていることに頼っていては、今後お子さんができ、専業主婦になった時の収入大幅減に対応できません。
自営業の場合、定額収入が保障されていませんし、保険・年金の加入、出産の予定なども考えると、貯蓄できる時期は
今が一番ですので、ご主人と一緒に、将来について生活設計を考え計画しましょう。
■奥様の交通費と携帯代
交通費は会社の通勤に掛かっている費用であり、本来なら会社から支給されるものですが、派遣社員ということで、
時給を高く設定した場合には、交通費は支給されないこともあります。
仕事を辞めれば発生しない費用ですので、奥様の収入から算出すべきでしょう。
携帯代については、仕事を辞めても発生する費用ですので、家計費から支払って良いでしょう。
■自営業の不安定さ
自分で起業し、働いた分だけ収入を得られるのは、やりがいがあり、商売の面白さも感じることができます。
しかし、不安なことも多くあります。仕事に必要な物を購入したり、材料を仕入れたりは、先に自払いします。
作業完了後に、取引先に作業代を請求しますが、すぐに支払をしてくれない、値引きを要求されることもあります。
最悪なのは倒産してしまい、一銭も入ってこないこともあります。計画倒産されたという話を聞くこともあります。
またケガを負ってしまう、‎病気になってしまうなどで、休業をせざる得ないことも起きてしまう可能性もあります。
その時には、収入がゼロになってしまいます。収入が無い月が、長引くことがあるかもしれません。
その為にも、ご主人の仕事だからと言っても無関心ではいられません。
一人で仕事している場合でも入れる「ひとりおやかた」という労災保険もあります。
万が一の場合の対策を、一緒に考えておきましょう。
また確定申告の詳細は、把握しておく必要があります。
1年の収入・支出、住民税、国保、年金の支払い額は、確認しておきましょう。

【質問】個人事業主をされている家庭の

家計のやりくりを教えてください。

 

 

 

私たちは、先日結婚したばかりの新婚夫婦です。

共働きなのですが、家計の管理方法や支払い関係など

お金のことでいろいろと悩みを抱えています。

 

 

私の旦那は個人事業主をしているのですが、

まだ事業を始めて2年目になったばかりということもあって、

いろいろと分からないことが多いです。

 

特に確定申告や税金の支払いなどは、

今年の年度末にするので今はまだ経験したことがなく

不安でいっぱいです。

 

 

旦那は毎月の収入が一定ではなく、

去年一年間でも月によって10万弱から50万弱くらいまで

ばらつきがありました。

 

そのうえ事業を起こしたこともあって

貯金があまりなく、今現在の貯金額は

およそ50万円程度という状態です。

 

その50万円の貯金は年度末にある税金の支払いに

使う予定らしいので、実質貯金は無いに等しいです。

 

 

私は派遣社員として働きに出ていて、

毎月手取りで15万円前後の収入があります。

 

そして私の月々の支払いは、職場までにかかる

交通費として毎月1万5千円、

私の携帯料金1万円程度あります。

 

 

結婚するにあたって私と旦那で話し合い、

生活費は

 

毎月15万~20万円くらい

 

を旦那が渡してもらい、

 

その金額内で

 

家賃・光熱費・食費・生活雑費・私と旦那のお小遣いなど

 

をやりくりするということに決めました。

 

そして

私の収入は全額貯金していく

という話になっていました。

 

 

しかし、そう決めたにも関わらず

さっそくひと月目の今月、旦那の収入が少ない月だったようで

生活費として5万円しか受け取ることができませんでした。

 

仕方がないので私の収入から補ってやりくりする予定です。

 

 

これから先もこのようなことが度々起こっていては

貯金なんてほとんどできない…と不安でいっぱいです。

 

 

もう1つ気になることがあるのですが、

旦那のガソリン代など仕事関係の出費は

経費から落とすらしく旦那がやりくりするようなのです。

 

そこで気になるのが、

私の交通費や携帯料金の支払いについてです。

 

 

それらの支払いを、

 

・旦那からもらう生活費の一部である私のお小遣いから払う

 

・私の収入から払う

 

どちらが妥当なのでしょうか。

 

どちらにしろ結局は同じことなのですが、

家計簿をつけるときなどどちらにすればいいのか

気になってしまいました。

 

決まった答えというものはないかもしれませんが、

みなさんの意見を聞きたいです。

 

 

また、旦那が個人事業主をされている方がいましたら、

どのように家計をやりくりしているのか教えてほしいです。

 

 

よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------

 

 

【回答】

 

■家計費は毎月定額で入れてもらう

 

ご主人が起業されて2年目ということで、仕事量がまちまちで、収入が安定していないようですが、家計費に入れる額を

月ごと変更されては困ります。

ましてや15万円の予定が、3分の1の5万円では、やりくりするどころではなく大変なことです。

 

結婚初めての月から5万円しか、家計費に回せないのでは、先々の不安が大きいです。

今の内に、ご主人としっかり話し合う必要があります。家計費は月15万円と定額と決めるべきです。

 

自営の収入は、取引先の支払い日によって変更されますので、今月回収できなかった金額が、来月には回収できると思われます。

家計費不足分の10万円は、‎次の月に追加してもらいましょう。

 

今後については、収入が10万円以下の月もあれば、50万円程の月もあるとのことなので、50万円収入の月には、余裕があります。

会社の口座とは別に口座を設け、予備費として預けておき、そこから収入が少なかった月の家計費不足分を、

出金するように取り決めたらいかがでしょうか。

 

奥様が収入を得ていることに頼っていては、今後お子さんができ、専業主婦になった時の収入大幅減に対応できません。

自営業の場合、定額収入が保障されていませんし、保険・年金の加入、出産の予定なども考えると、貯蓄できる時期は

今が一番ですので、ご主人と一緒に、将来について生活設計を考え計画しましょう。

 

 

■奥様の交通費と携帯代

 

交通費は会社の通勤に掛かっている費用であり、本来なら会社から支給されるものですが、派遣社員ということで、

時給を高く設定した場合には、交通費は支給されないこともあります。

仕事を辞めれば発生しない費用ですので、奥様の収入から算出すべきでしょう。

 

携帯代については、仕事を辞めても発生する費用ですので、家計費から支払って良いでしょう。

 

 

■自営業の不安定さ

 

自分で起業し、働いた分だけ収入を得られるのは、やりがいがあり、商売の面白さも感じることができます。

しかし、不安なことも多くあります。仕事に必要な物を購入したり、材料を仕入れたりは、先に自払いします。

作業完了後に、取引先に作業代を請求しますが、すぐに支払をしてくれない、値引きを要求されることもあります。

最悪なのは倒産してしまい、一銭も入ってこないこともあります。計画倒産されたという話を聞くこともあります。

 

またケガを負ってしまう、‎病気になってしまうなどで、休業をせざる得ないことも起きてしまう可能性もあります。

その時には、収入がゼロになってしまいます。収入が無い月が、長引くことがあるかもしれません。

 

その為にも、ご主人の仕事だからと言っても無関心ではいられません。

一人で仕事している場合でも入れる「ひとりおやかた」という労災保険もあります。

万が一の場合の対策を、一緒に考えておきましょう。

 

また確定申告の詳細は、把握しておく必要があります。

1年の収入・支出、住民税、国保、年金の支払い額は、確認しておきましょう。

 

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top