ホーム » 家計のやりくりQ&A » 40代夫婦の貯金額って一般的にどれくらいなんでしょう?

40代夫婦の貯金額って一般的にどれくらいなんでしょう?

【質問】
皆様のお宅の貯金の額を教えて下さい。

我が家は、私と主人の2人です。
それと、ダックスフンドが1匹です。

主人は、理系の大学を卒業後、電気工事関係の会社へ入りました。
電気工事といっても、工事をやる方ではありません。
内勤です。
5年勤めたところで、会社が危なくなりました。
それで、同じような、工事関係の会社へ転勤しました。
やはり内勤です。
そして、現在に至る、です。

私は、月水金だけ、パートをしています。
近くのスーパーの店員です。

家は、戸建て建売を購入しました。
現在、月8万円のローンがあります。

家を買うとき、話し合いました。
これからは倹約しないといけないね。
ということで、倹約を実行し、貯金に励みました。
現在の貯金額は、450万円ほどです。

ところで、今年主人が40歳になりました。
40代では、どのくらいの貯金があるのだろう、と気になりました。
ネットで調べました。
1000万円くらいが、普通のようです。
それに比べると、我が家は少なすぎる。
もっとも、40代になったばかりです。
これから、もっと頑張って貯金しなければならないようです。

そこで質問ですが。
皆様のお宅では、どのくらい貯金がありますか?
どのくらい貯金があれば、安心なのでしょうか?

回答を、よろしくお願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■確かに家族構成によっても違ってくるのかな・・・と

わかります。
テレビのニュースでよく平均貯蓄額とかって報道されてますものね。
私も主人は50代、私は40代の夫婦で子供がいないのに
平均貯蓄額には到底及ばない貯蓄額しかありません。
私が専業主婦なので収入は主人の給与だけです。

我が家は純粋な預貯金は900万円位ですかね・・・
それも定期預金と普通預金と現金という構成で運用を全くしていないので
目減りはしても増える気配は一向になし。

ここの所、お給料が不安定でボーナスがなかったり、減給もあったりして
全く貯金ができていないどころか、損失補てんに貯蓄を切り崩しているくらいです。

というのも、老犬を2匹飼っていて、2匹ともが持病を発症してしまい
フードやサプリ、医療費等、月々7万~9万ほどかかっているんです。

その上、昨今の年金事情から、老後にもらえる年金なんて全くあてにできない状況で・・・
定年までのやりくりですら家のローンがまだたんまり残っています。
それに、転職をした主人の退職金は恐らく1,000万円にも満たない予想です。

不安要素山積で、どうしたものかと暗い気持ちになるのに、
貯蓄をする余裕がなくて気持ちは焦るけど、老後なんて考えたくもない・・・という心境です。


■子供がいないから

子供がいるご家庭だと、恐らく40代夫婦は大学入学を控えているお子さんがいたり
結構教育費がかかってる年代なんじゃないかと思うんです。

教育費のために学資保険をがっつり何百万か蓄えているご家庭も少なくないと思います。
それから、結婚資金なんていうものも貯めているご家庭もあるんじゃないかと。
子供が成人したら、大きな費用が必要なくなる家庭もあるかもしれませんが
複数の子供を大学卒業させようと思ったら、気が遠くなる費用がかかるはずです。

となると、私たち子供のいない夫婦にはそういった費用が全く必要ないので
預貯金が目減りしない年代ということになりませんか?
子供がいたら、きっと貯金がガタンと減ってしまうと思うんですよね。

40代はまだ老後の生活の為に預貯金を始めるのに決して遅くない年齢だと思うんです。
今450万円しかなくっても、これからたとえば15年、毎月2万円積み立てるとしたら・・・

年間24万円×15年=360万円貯金できることになります。

ボーナス月には10万円単位で貯金するとすれば、定年までに1,000万円以上貯めることは夢じゃないですよね。
そこにご主人の退職金を加えれば、少しはまとまった老後の資金になるのではないかと思います。


■家も財産、満期型保険も財産

60歳までにローンを完済してしまえれば、家も資産になりますよね。
保険はどういったものに加入してらっしゃいますか?
たとえば60歳満期の生命保険をかけていれば、解約しなくても満期金は資産に違いありません。

うちは、主人が60歳満期で1,000万円、私が60歳満期で500万円の貯蓄型の保険をかけているので
最悪解約すればそれも老後の資金にあてることはできます。
テレビで取り上げられている預貯金額にはこういった資産も含まれていると聞いたこともあります。


預貯金って多ければ多いほど安心感は増しますが、結局ライフスタイルは人それぞれなんで
今いくらの預貯金があるから老後は安心!といった単純計算はできないと思うんですよね。

まだまだ間に合うと信じて、着実にお互い預貯金を増やしたいですね。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top