ホーム » 家計のやりくりQ&A » 頭金なしでの購入は危険、物件の30%を準備するのが理想です。

頭金なしでの購入は危険、物件の30%を準備するのが理想です。

【質問】
2000万円で、新築住宅を建てたいと思っていますが、出来るでしょうか。

我が家は、私と妻、それに2人の子供の、4人家族です。
子供は、まだ幼稚園児です。

仕事は、事務職です。
藤沢市にある電気工事関係の会社で、事務全般を見ています。
藤沢近辺をテリトリーとする会社です。
社員は、現場要員を除いて、13人の小企業です。

明治大学を卒業して、この会社に勤めました。
最初は大手商社を希望していたのですが、全部駄目でした。
卒業も迫っていて、結局はこの会社に決めたのです。

現在は、手取りで25万円。
ボーナスが、年間100万円です。
入っただけ出る、という生活で、貯金はほとんどありません。

家は、厚木市にあるアパートに住んでいます。
もちろん、一家4人には、狭い住居です。
家賃は、出ていくだけです。
どうせなら、それをローンにして家を買うか、と考えています。

妻と相談し、いろいろとカタログを見てみました。
やはり、土地付きで家を建てるとなると、2000万円はかかりそうです。

そこで質問をします。
先に書いたような収入で、2000万円の家が建つでしょうか?
どのくらいのローンを組む必要がありますか?
ローン支払いをされている方、どのような倹約をしていますか?

なにしろ、家を建てるのは、我が家の大事件です。
しっかりと考えなければなりません。

回答、アドバイスをお願いします。

-------------------------------------------------------------


【回答】

■ローンにどれくらい充てられるか

一般的に住居費用は月収の1/3に抑えるようにと勧められています。
手取りの収入が25万円であれば、75000円以内に収めるようにするということになりますね。

仮に全額ローンで購入するとしてみますね。
2000万円を35年返済で借り入れるとして

変動基準金利2.475%では
月々の返済額は70000円ちょっと位になります。

フラット35の固定金利2.64%だと73000円位と少し多くなります。

景気の影響を受けやすい変動金利は危険が伴うので、
固定金利を利用したいというのが本音ですね。

試算では、変動・固定共75000円以内の返済額に収まっているので
満額ローンを組んだとしても、2000万円の家の購入ができることになりますが
住宅購入には別途諸費用がかかります。


■頭金をどれくらい用意できるか

先述の通り住宅購入には別途諸費用が必要です。

引越し代、家具・家電を含めて、新築だと物件価格の3%から7%くらい、
中古物件だと物件価格の6%から10%くらいは必要になります。

中古物件は不動産会社に支払う仲介手数料が必要になるので、新築よりも余計に費用がかかるのです。
新築でも仲介手数料がかかってくる場合もあるので確認が必要です。

頭金はどれくらい準備できていますか?
まず理想としては物件の30%は準備したいところです。
そうすれば借入金額を減らすことができ、月々の返済額も当然少なくてすみます。

ちなみに1600万円を借り入れた場合、固定1.5%で35年返済だと
月額50000円位にまで減らすことができます。

ボーナス返済を併用すればもう少し安くすることはできますが、
昨今の給与事情から考えると、ボーナスが出ない事もあるかもしれませんし
ボーナス返済に大きな額を組み入れるのは危険かなと思います。


■無理のない返済計画

住宅ローンを組めば、収入のあるなしにかかわらず、毎月必ず返済していかなければなりません。

小さいお子様が2人いらっしゃるとのことですので
これから2人分の教育費がどれくらい必要なのかもしっかり把握しておく必要があります。
大学までずっと公立に通ったとしても、一人あたり1000万円はかかると言われています。
全て私立になれば、その倍は必要になってきます。
大学入学時を照準にして学費を積み立てるとよいと思います。
月々一定額をお子様名義の口座に積み立てる他、学資保険を利用する方法等もあります。
リスクに備えて生命保険を見直す必要もでてくるかもしれません。

また、住宅を購入すれば、毎年固定資産税がかかりますし
戸建の場合は修繕費の用意、マンションの場合は管理費と修繕積立金も必要です。

こういった住宅ローン以外にこれから増える出費を把握しましょう。

住宅ローンに追われて貯金ができないとか、
生活が立ち行かなくなるといった状況に陥らないように
生活設計をしっかり立てて今後に備えて下さいね。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top