ホーム » 家計のやりくりQ&A » 旦那が月3万円もゲームに課金してるのってどうですか?

旦那が月3万円もゲームに課金してるのってどうですか?

【質問】
旦那に渡す小遣いは、3万円です。これは、多すぎるでしょうか。

我が家は、旦那と私、それに2歳の子供の、3人家族です。
家は賃貸のアパートです。
3階建の建物で、いちおう○○マンション、という名前が付いています。
○○は、あえて伏字にします。
場所が特定されると困りますので。

旦那は、大学卒業後、運送関係の会社へ入りました。
いわゆる宅配便の、小さい会社です。
内勤です。
小規模の会社なので、休みが取れるのは日曜だけです。
後は、ずっと働かされています。

旦那に渡している小遣いは、月3万円です。
使い道は、次の通りです。
1万5千円が、たばこ代。
7千円が、コーヒー代。
後は、スポーツ新聞とか週刊誌代。

昼のお弁当は、持参なので、食費はかかりません。
以前は、パチンコをしていました。
でも、子供が生まれてからは、やっていません。
もっとも、小遣いが少ないことも、パチンコをしない理由なのだそうです。

最近、iPhone を買い、ゲームにはまっています。
その課金が1万円から2万円。
6万円も、請求がきたこともあります。

これが、ウチの旦那の実態です。
皆様、どう思われますか。
もう少し、飼いならして、躾をよくするには、どうしたらいいでしょうか。

ベテランの奥様の回答を、お待ちしています。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■タバコ代を見直せませんか?

ご主人の収入がわからないので、何ともいえないところもありますが
おこづかい月30,000円っていうのは妥当な額じゃないですか?
お昼ご飯代はお弁当があるので必要ないですしね。
タバコ代が15,000円ということは・・・1日にひと箱以上吸う計算になりますね。

ご主人はおこづかいが少ないと不満を漏らしてるんでしょうか?
タバコ代はなんとかなりませんか?
今の世の中、禁煙が標準になってますよね。
喫煙する場所も限定されていて、喫煙者にとってはとても暮らしにくくなっていると思います。
私自身、過去に喫煙歴がありますが、たばこ税がどんどんアップすることを理不尽に感じて
スパッとやめました。まだひと箱280円位の時代です。
喫煙していた頃と比べたら体重は増えましたが、健康になりました。
なによりご飯がとても美味しく感じます。
健康的にも経済的にも禁煙してよかったと思ってます。

調べてみると今は、主要銘柄のたばこが400円台になっていてびっくりしました。
今年の4月にも値上げがあったばかりみたいです。

おこづかいの半分を嗜好品とはいえ、タバコに費やしているのは勿体ないですね。
かといって、その分を趣味のパチンコに・・・というと
今でもそうなのかはわかりませんが、パチンコ店は喫煙者天国なので、タバコなしでは辛いでしょうし。
せっかくお子さんが生まれたのをきっかけに辞めたパチンコですものね。
ギャンブルには手を出さないにこしたことないので、パチンコのことはこのまま忘れてもらいたいですね。


■ゲームに課金は勿体ないですね

私はネットでもスマホでもいかなるアプリにも課金はしません。
というのも、なんの資産価値もないからです。
サイトがクローズしてしまえば、アプリのサービスが終わってしまえば
手元には全く何も残りません。限定のアイテムがなんのそのです。

はまってしまえば、限定のアイテムが欲しくなる等誘惑は後を絶ちませんよね。
私にもなんとなく想像はできるんです。
個人プレイならまだしも、交流を楽しむものであれば人と比べて優越感を感じることもできますし
課金して自己顕示欲を満たすこともできますから。

だけど、冷静になってよくよく考えると・・・

「いつまでこのゲームをするんだろう??」

って、疑問は誰しも頭をかすめるはずです。

いつまでも永遠に遊ぶわけはないんです。
そして、やめてしまった時には、何も手元に残らないっていう現実。

この現実には虚しいどころかやりきれなさを感じるはずです。
今が楽しかったらそれでいいじゃないか?という人は、すっかり視野が狭くなってますね。
ゲーム課金したお金を違った使い方していたら・・・
手元に何かしら残すことができているはずですよね。

思い出がいっぱいあるという刹那的な言い訳もできますが、何とも虚しい気がします。

ご主人はすっかりスマホゲームにはまってしまっている様ですので
直接的に非難すれば反抗心を抱かせるだけなので、少しずつ課金を減らして無料で遊ぶ方向にもっていくか
ご夫婦でガラケーに変えてしまってそもそもゲームができない環境を作るかした方がいい気がします。


お子さんを含めて家族で楽しめる趣味を持つとか、ご主人が打ち込めるような趣味を探すとか
他にご主人が息抜きできる何かをみつけてあげるといいかもしれません。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top