ホーム » 家計のやりくりQ&A » 夫の手取りが20万しかありません、節約できるところってどこですか?

夫の手取りが20万しかありません、節約できるところってどこですか?

【質問】
家計の倹約について、アドバイスをお願いします。

私は、25歳の主婦です。
家族は、私と旦那の2人だけです。

私は、グラフィックの専門学校へ通っていました。
グラフィックデザイナーになるのが夢だったのです。
あるコンテストに応募したのですが、1次予選にも通りませんでした。
その落ち込んでいた時に、旦那が目の前に現れたのです。
まっいいか、ということで結婚しました。

旦那は、放送制作会社に勤めています。
そこで庶務関係の仕事をしています。

現在は、民間のアパートに住んでいます。

そこで、現在の我が家の家計ですが、次のようになっています。

*収入:月20万円。

*家賃:月9万円。

*ローン:月3万円。
液晶テレビと冷蔵庫のローンです。

*生活費:月5万円。
食費や洋服代です。

*光熱費:月3万円。

*その他:2万円。
携帯電話の費用、医療費、娯楽費などです。

赤字分は、ボーナスでやりくりしている状態です。
貯金は、2人合わせて、15万円です。
貯金を切り崩すようになったら、もう駄目だと思っています。

今、私は妊娠しています。
子供が生まれれば、さらに出費が嵩むと思います。
しかも、子育てで、パートは出来ません。

どこかで倹約するしかありません。

どこをどうすればいいか、アドバイスを、お願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■「節約」出来るところは全て削る

手取り20万円でご夫婦とそしてお腹に赤ちゃんがいらっしゃるとのことで
生活に不安を感じてしまいますよね。

家賃がどれくらいなのかがわからないので、具体的に数字が見えてこないのですが。
家賃を除いた生活費がどれくらいあるのかで割り振りなども考えられると思います。

とりあえず、節約できそうな方法を挙げてみますね。

食費は、新米主婦さんが読むような雑誌で2万円~3万円で抑える工夫が紹介されていますよね。
新聞の折り込みチラシをみて底値を知り、底値を狙って買い物するとか
特定曜日のセールやタイムセールを利用するとか
食材なら旬のものや、安価で安定した食材を利用するなどです。

まとめ買いをすることで安く抑えることができたりもします。
私の場合は、買い物の回数を減らして、一週間に1度しか買物に行かない癖をつけました。
メニューを決めずに、旬で安価のものや、セールのものを買って帰り
野菜もお肉もお魚も半調理したり、下処理したりして、すぐ使わないものは冷凍しておきます。
そういった食材を一週間で使い切るという方法です。
メニューを決めて買物をすると、どうしても無駄が多くなってしまいます。
特定の料理にしか利用しない食材は無駄になりますよね?

じゃがいも、にんじん、たまねぎといった野菜は常備してあります。
これらは、値段も安定していて年中ありますし、幅広い料理に活躍してくれますよ。

次に節約できそうなのは、光熱費です。

妊婦さんなので体調と相談しながらになるかと思いますが、
日中冷暖房がいる季節には外で過ごすと光熱費がかなり抑えられます。
掃除も掃除機を使わずにほうきやぞうきんを使うなど・・・です。

それからスマホを持ってらっしゃるなら、ガラケーに戻した方がいいと思います。
正直言って20万円の月収でご夫婦二人でスマホを使っている余裕はないと思うんです。
電話とメール、ちょっとした調べものくらいならガラケーで充分です。
月々の使用料がスマホとガラケーでは全然違うので大きな節約ポイントだと思いますよ。


■お子さんを出産するまで

出産をされるまでは、働けないのでなんとか節約で乗り切るほかありませんよね。
お子さんが生まれたら、お子さんを見てもらえるあてがあるのなら
お仕事を探す方がいいかもしれません。

保育園に預けて働くとしたら、保育園代がかなり負担になりますので
それなりに収入のあるお仕事をしないことには割に合わないところがあります。
お互いのご両親や身内でお子さんを預けられればいいのですが。

子供はあっという間に成長します。
そして成長するにつれて教育費等子供にかかってくるお金が増えてきます。
なので、ご主人の収入が劇的にアップしない限りは奥様の協力が必要になるかと思うんです。

再就職等に有利な資格をとるための勉強をしてみるとか
今から準備しておくのもいいかもしれません。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top