ホーム » 家計のやりくりQ&A » 一人暮らしで、手取り20万の家計簿診断をしてもらえますか?

一人暮らしで、手取り20万の家計簿診断をしてもらえますか?

【質問】
1人暮らしの男性が、毎月貯金する金額は、どのくらいでしょうか。

私は、26歳の男性です。
日大の商学部を出て、現在の会社へ就職しました。
貸倉庫を管理する、埼玉県にある会社です。
就活が大変な時代なのに、ストレートに決まって、ほっとしています。
倉庫の稼働管理をするのが仕事です。
エクセルを見続ける毎日です。

実家は秋田県秋田市です。
大学へ入るので東京に出ました。
そのまま、現在の会社へ就職しました。
現在は、埼玉と東京の境で、1人暮らしです。

実は、そろそろ結婚のことを考えるようになりました。
親を安心させてやりたいのです。
そうしたことのためにも、貯金をしようと思います。

現在の給料は、手取りで20万円くらいです。
出費の方ですが。
家賃が6万円。
保険が5千円。
定期券代が6千円。
携帯代が6千円。

残りが生活費になります。
その中から、5万円を貯金しようと思っています。
もちろん、節約しなければならないとは、覚悟しています。
大学時代の下宿生活で、節約は慣れていますから。

月5万円の貯金は、少なすぎるでしょうか?
もっと貯金をした方がいいでしょうか?
結婚準備金(?)は、どのくらい必要なのでしょうか?

1人暮らしを経験された方の回答をお待ちしています。
よろしくお願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■貯金はできるだけした方がいいですね


計上されている費用を全て足すと77000円
手取り200000円から引くと残りは123000円


残り、計上されていない、光熱費、食費や雑費、おこづかい等をどれくらいに抑えられるかによって
貯蓄額が決まってくると思います。
社会人でしたら付き合いなどもあるでしょうし・・・。


あまりカツカツにしすぎると、生活が単調になって味気ないものにもなりますし
貯蓄する目的があれば、俄然意欲も高まりますし貯蓄にまい進するのもいいと思います。
ただ単に貯金したいというのであれば、生活に多少のゆとりがあってもいいのかなとも思います。


■私だったら・・・


最低50000円貯金するとしたら、残りは73000円になりますね。
自炊が苦にならない人なら食費を20000円くらいに抑えられると思います。
上手に買い物をして、常備菜等作ったり、お昼はお弁当を持参するなどすればかなりの節約ができます。


外食が多くなればそれだけ食費がかさんでくるし、仕事後に同僚と飲みに行く機会が多ければ
そういった交際費がかさむことにもなります。
私だったらそういったビジネスライクなお付き合いはしたくないのでパスします。


その分ひとりの時間を楽しめる趣味や娯楽にお金をかけたいと思う方です。


食費を20000円、雑費を5000円、光熱費を6000円位に抑えれば
趣味や娯楽費を10000円くらい使っても大丈夫そうかなと思います。
そうすると32000円まだゆとりがありますね。


■貯蓄は自動引き落としで貯める


よほど意志がかたい人であれば、月々きちんと積み立てられるでしょうが
そうでなければ、貯金って後回しになってしまいがちじゃありませんか?
家に置いておけば、ふとした時に使ってしまうことも考えられますし。


しっかり貯金しようと思ったら、定期積立をするのがいいと思います。
毎月きまった日に定額を積み立てれば、間違いなく貯金を増やせます。


そして、年単位でどれくらいずつ増やしていくか目標額を設定することだってできますし
計画的に貯金することができるのでおすすめです。


そしてまとまった額になれば、違った運用方法を考えるといいと思います。
低金利時代なので、銀行に預けていてもほとんど利ざやは増えません。
賢い人はリスクを分散させて、ゆとりがでてきたらその分を株式や債券で運用しています。


それには、それなりの金融知識も必要にはなってきますが、
努力次第で長期的に大きく資産を増やすことができるので、やりがいがあると思います。


■ゆとりのある暮らし


最終的な判断としては、月々50000円貯金できれば優秀だと思います。
それ以上に家計を節約して余剰金がでてくれば、それは別に積み立てておいて
不意の出費に備えればいいかなと思います。


不意の出費がなければ、ある程度まとまった額になった時に貯蓄に回すなどすれば
ゆとりのある安定感のある暮らしが出来ると思います。


さらにゆとりがもてれば、将来的に年金が不安材料になってきますので、
個人年金を積み立てるのも一考かなと思います。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top