ホーム » 家計のやりくりQ&A » 主人の手取りが20万で毎月赤字です、家計診断お願いできますか?

主人の手取りが20万で毎月赤字です、家計診断お願いできますか?

【質問】
我が家の家計診断を、お願いします。

我が家は、主人と私、それに子供2人の4人家族です。
子供は、上が4歳で、来年から幼稚園です。
下の子供は、2歳です。

現在は、民間のアパートに住んでいます。
相場に比べれば、家賃が安いのです。
それに、主人の通勤にも、便利な場所にあるのです。

主人は、学校教材を製作販売する会社に勤めています。
給料は、手取りで20万円。
ボーナスは30万円です。
私は、専業主婦です。
子供に手がかかり、パートができません。

我が家の出費は、次のようになっています。

*家賃:53000円。

*光熱費:10000円。

*水道代:3000円。

*通信費:15000円。
主人と私の、スマホ2台分です。

*新聞代:3000円。

*学資保険:11000円。
今のうちから、計画をしているのです。

*ローン:3500円。
液晶テレビのローンです。

*親への返済:10000円。
出産のときに、いろいろ出してもらったのです。

*主人の小遣い:20000円。

後は、食費に雑費。
それに、子供関係の出費があります。

これで、毎月赤字になっています。
もちろん、将来は一戸建てを買いたいのです。
でも、貯金が出来ません。

どこをどうすれば、倹約できて、貯金に回せるでしょうか?
アドバイスを、お願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■節約するところ

計上されている経費を合算すると128500円になりました。
残りは71500円程が食費、雑費、子供費になるということですね。

数字が挙げられている項目については、しっかり管理されていると思います。
特にこれといった無駄遣いは見受けられません。
光熱費も節約の努力が見られますし、お子様の為の学資保険にも加入してらっしゃいます。

削減するとすれば、新聞3000円と通信費(恐らく携帯含む)15000円でしょうか。
新聞は最近とらないというご家庭も増えています。
スマホやネットで新聞は読めますので、あえて新聞をとる必要性が感じられないという人も多い様です。

通信費についてはスマホ利用であれば、ガラケーにチェンジするか、最近導入された「通話料定額」に
加入するかすればコストダウンできると思います。


■食費その他雑費について

数字が具体的に見えないこの項目が節約点かなと思います。
まだお子さんが小さいので食費がそれほどかかるとは思えません。
月々30000円位で抑えられていますか?

雑費と子供費がかかるといっても残り41500円も要らないと思うんです。
ここで無駄遣いをしてはいませんか?

買物時にふらっと必要のないものを買ってしまってはいませんか?
食費や雑費の節約には、まず買物に行く回数を減らすことです。

用もなく買物にでかけても、目についたものを買ってしまうことってありますよね。
そういう機会をなくしてしまうことです。

私は週1週末にしか買物に行きません。
行かなければ当然無駄遣いもなくなります。
必要なものをメモしてそれ以外は買わないようにするのも一つの手です。

また、もっと上手にやりくりしようと思えば
利用しているお店のセール日やタイムセール時を狙って買うといいです。

安くなっているものを買う癖をつければ、物の底値を知る事ができますし
献立を考えて買物にでかけるよりずっと経済的です。
ある食材でメニューを考える癖をつけることが節約上手への第一歩ですよ。


■働くことを視野に入れる

小さなお子さんが二人いらっしゃるので、今すぐ奥様が働くのは無理だと思います。
今後お子さんたちが成長するにつれて、教育費がどんどんいるようになってきます。
ご主人のお給料も上がるでしょうが、やりくりがきっと苦しくなると思います。

ボーナスを切り崩して月々の赤字を埋めていては、いつまでたっても貯金はできませんし
マイホームもいつまでたっても夢のままですよね。

お子さんを預けられる先はありますか?
預けられる所ができれば、できるだけ早くお仕事をされることをお勧めします。
ご主人のお給料だけでは正直貯金は難しいです。

パートやアルバイトでも構わないので、奥様の収入をそっくり貯金するようにすれば
着実に貯金が増えて家の頭金も作れると思います。

家を空けられない状況が続くのであれば、家でできる仕事を模索するのもいいと思います。
自宅でできる仕事を斡旋してくれるサイトがあります。
登録料や教材費等初期費用が発生するようなサイト以外で、
パソコン入力作業やライター等見つけることも可能です。

節約と並行してどうか収入アップにむけて頑張って下さい。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top