ホーム » 家計のやりくりQ&A » 生活費、削れるところは100均でと思いますが、買っていいもの悪いものは何ですか?

生活費、削れるところは100均でと思いますが、買っていいもの悪いものは何ですか?

【質問】
1人暮らしの倹約生活について、教えて下さい。

私は、今年早稲田大学の商学部へ入りました。
一浪して、ようやく入れたので、うれしかったです。
将来の夢は、外資系の投資会社です。
そこから世界に羽ばたくつもりです。

実家は和歌山です。
それで、もちろん東京で1人暮らしをしています。
親は、普通のサラリーマンです。
親に負担を掛けたくありません。
授業料以外は、出来るだけ自分で稼ぐつもりです。
仕送りで、8万円出してくれる、ということでした。
でも、5万円でいいよ、と言いました。
その5万円も貯金しておくつもりです。

いまは、コンビニの店員をやっています。
夜勤だと、かなりの金額になります。
それと、家庭教師が2つ。

生活用品は、ほとんど100均で買っています。
大抵のものはそろっていますから。
これで、倹約生活、ばっちり、と思いました。

ところがです。
この前、目覚まし時計を買ったら、すぐ動かなくなりました。
電池がすぐに消耗したのです。

そこで、質問なのですが、100均で買わない方がいいものがありますか?
例えば。
電池は、すぐに消耗する。
ラップは、レンジで溶けてしまう。
カップ麺は、油が悪い。
シャープ芯は、すぐ折れる。
などなど。

100均でこれは禁、というものを経験された方。
教えて下さい。
お願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■100均で買うと高いものもある


100均にも探せば100円未満であるものが混じっていると聞いたことがあります。


今、100均にないものはないというくらい、品数が充実していますが
「安かろう、悪かろう」というように、耐久性がなくすぐ壊れてしまったり、
量が少なく実はお得感のないものだったりするものも混じっています。

■100均の食器


私の場合は、100均では食器は買いません。
少し前の話になりますが、100均で売られている中国製の土鍋から水銀が漏れ出した事件があります。


その事件以来食器は安全性重視で選ぶようになりました。」
調理器具も然りです。温めて使うような調理器具や道具は買いません。


レンジでチンして使うような食器やグッズは特に注意が必要かと思います。
中国製のものが多いのでどうしてもその辺は神経質になりますね。
なので、ラップも買いません。食品を覆うものなので化学物質がどうしても気になります。


■その他100均で買わないもの


私自身が100均では買わないものに、スキンケア用品があります。


お肌に直接触れるものなので、あまり安いと不安になりませんか?
実際乾燥しやすいとか、肌荒れを起こしたという声も少なくないので
よほど肌が丈夫だという人でない限りオススメはできません。


お菓子も豊富な品揃えですよね。
でもこれも中にはドラッグストアやスーパーで100円より安く買えるものが含まれています。
色々な場所で買い物をしてみればわかるので上手に見分ける目を持つことが必要だと思います。


また、プラスチックを使ったものは耐久性が落ちる気がします。
洗濯用のグッズ等、劣化しやすいものは値が張っても品質のいいものを選んだ方が
結果的にはお得かもと思います。


■消耗品を上手に利用する


私が気に入って買うものは、三角コーナー用の不織布袋です。
これも内容量を見て、ドラッグストアと比較して安いものを購入します。


実は最近は大型のドラッグストアでは日用品も安く揃っているのをご存じですか?
100均で買うよりも安いものや、100円ではなくても高品質のものが安く売られていたりします。


100均のものは使ってみると使い勝手が悪かったり、すぐ壊れたりするものが少なくありません。
安いので諦めもつきますが、それでも勿体ないなと感じてしまいます。


そもそも品質より価格重視で作られているものなので、いいものにあたる方が難しいんですよね。
100円グッズを上手にリメイクする本なども出ているのでそれをご覧になるのもいいかもしれません。


私の経験上、消耗品は100均で買うのに向いているかなとは思います。
長く使いたいもの、耐久性が要求されるもの等は100均で買うのはやめた方がいいかなと思います。
最初からある程度お金を出して、丈夫なものを選んでおく方が結果的に節約になる気がしますよ。

家計節約の王道は電気代から

電力自由化がスタートします! シュミレーションできるサイトを載せておきますね。 家族持ちの人は東電よりもお得になる傾向が多くなるでしょうね。

関連記事

Return to page top