ホーム

家計の中で固定費を見直したいです、節約方法は何ですか?

【質問】
家計にかかわる固定費の節約方法を、教えて下さい。

私は、結婚して3年目の、29歳の主婦です。
子供は、まだいません。
毎日4時間、週4日のパートに出ています。
近所の会社で、事務手伝いをしているのです。
エクセルやワードは使えますので、すぐに採用されました。
スーパーの店員よりは、いいと思います。
私のパートのお給料の半分は、強制的に貯金する、の約束です。

主人は、日用雑貨の製造販売をする会社へ勤めています。
給料は、手取りで28万円ほど。

現在の住居は、賃貸のマンションです。
でも、絶対に一軒家を作るんだ、と2人で決心しています。
そのため、私もパートでがんばっているのです。

もちろん、家計も見直す必要があります。
そこで質問なのです。
家計の固定費を節約するには、どうしたらいいでしょうか。
つまり、つぎのようなものです。
固定電話代。
スマホ代。
水道代。
電気代。

例えば、次のようなことを考えています。
電気関係では、節電機能の高いテレビに買い替える。
水道関係では、お風呂の残り湯を洗濯に使う。
こうした節約のワザを教えて下さい。

また、それぞれの基本契約を見直すことも、考えています。
どういう基本契約が、いちばんお得でしょうか?

こうした節約方法を、具体的に教えて下さい。
具体的な数字や方法がないと、よく分からないのです。

詳しい方、易しく教えて下さい。
お願いします。

-------------------------------------------------------------


【回答】

■契約区分について


まず「契約区分の変更」についてですが、一般家庭か業務利用か等の区分かと思います。
水道、ガス、電気共家庭利用であれば、決まっていると思うのですが・・・。
地域によって違うのかもしれませんが、使用量によって段階的に料金設定がされていませんか?

ただ、オール電化やオールガスをご利用であれば、それぞれに応じたお得なプランがあり
契約を見直せば節約できると思います。


こちらは、ご利用の電力会社、ガス会社のHPを検索するか、または電話で問い合わせすれば
利用状況を調べた上でアドバイスを受けられると思います。


■光熱費の節約について


光熱費については、ネットに節約術が沢山紹介されているので検索をすればいくらでもでてきます。
ネット環境がなければ、節約本も書店にコーナーが設けられていると思いますよ。


あたりまえですが、とにかく使わないようにするというのが鉄則です。


水道であれば、シャワーをできるだけ使わない、シャワーヘッドを節水タイプに変える、
お風呂の残り湯を洗濯やトイレを流すのに使う等が代表的でしょうか。


電気であれば、電燈をLEDに替えたり、省エネタイプの電気機器に替える、
待機電力を使わないような器具を設置する、
エアコンの設定温度をあげるなど。


温める、熱くするというような機能の電気機器は特に消費電力が大きいので使用時間を短くしたり、
使わない様にするなど工夫するといいのではないでしょうか。


ガスであれば、お湯を沸かす際には電気ケトルを使う、煮込み料理に圧力鍋や保温鍋を使う、
お風呂は追い炊きしなくて済むように間をあけて入らないようにするとかですね。


どれもそんなに難しいことではないと思います。
家族の協力が必要ではありますが、習慣にしてしまえば苦になることもないかと思います。
節約生活というと味気ない生活になってしまいがちです。気持ちがさみしくなるという人もいます。


辛い・・・と感じるような節約は長くは続きませんし、続いたとしても家庭の空気が悪くなるので
ほどほどにをおすすめします。


■電話・ネットの節約について


私が無駄に感じるのはスマホです。
相談者様がガラケー派かスマホ派かわかりませんが
パソコンでネット環境が整っているのであれば、ガラケーで充分だと思います。


ご家庭でネット利用をされていないのであれば、スマホ利用も仕方ないかと思いますが
大手3社のスマホ料金は似たり寄ったりで高いので月額3000円以下の格安スマホはいかがでしょうか。


ただ、最近よく耳にする格安スマホが安いのには理由があることも念頭においておいてください。
データ通信スピードが遅い、データ容量が少ない、通話料金が高いといった注意点です。


また、最近では固定電話をもたない家庭も増えてきています。
スマホは通話料金が高いというのが常識でしたが、この春から通話料定額というサービスが導入され
この夏大手3社で利用できるようになります。


こうなると通話の多い人にもスマホを持つメリットはでてきます。
固定電話と携帯の月額料金(家族分)を挙げてみて、プランの見直しをするのがいいかと思います。


ネットも数あるプロバイダーを比較してみるのがいいと思います。
それぞれ特徴があり、サービスも違うので一概にどこがいいとは言えません。
節約を重視するあまりに使い勝手が悪いというのでは上手な節約だとは言えないと思います。


私の場合は、無料でセキュリティーがついているプロバイダーで比較検討しました。
セキュリティーソフトは意外と高く、別契約するのが面倒に感じられたので。
これもネットに比較サイトがあるので、比較検討しやすいと思いますよ。

オール電化で電気代を節約するコツは何ですか?

【質問】
オール電化の家で、節電する方法を教えて下さい。

私は、33歳の主婦です。
我が家は、私と、同い年の主人、それに小学生の息子1人の、3人家族です。

主人は、早稲田大学の政経学部を出て、現在の会社へ就職しました。
輸入食品の販売をする会社です。
営業関係の仕事で、3年おきくらいで転勤があります。

今度の転勤で、一戸建ての賃貸住宅へ引っ越しました。
場所は、東京と千葉県の、ちょうど境です。
リフォームしたばかりで、オール電化になっている。
これがウリになっていた物件です。
さすがに、家全体はきれいでした。
オール電化で、技術の最先端、みたいなスマートな感じがしました。

そこまではよかったのです。
ところが、オール電化ということで、電気代が、すごく高いのです。
最初に請求書が来たとき、びっくりしました。
水道代も、かなりの金額になります。

それで質問させて下さい。

どうすれば、節電になるのでしょうか?
とくに、料理関係。
これまではガスだったので、まだよくコツが分からないのです。

それと。
電気の深夜割引があります。
割引の時間帯を知りたいのです。
どこで聞けば、教えてくれるのでしょうか。
電力会社?
大家さん?
仲介業者?

主人も文系の人で、こういうことは、よく分かりません。

詳しい方、初心者向けに解説をして下さい。
お願いします。


-------------------------------------------------------------


【回答】

■電力会社に聞けばいいと思います


電気料金の深夜割引については、電力会社に聞くのがいいと思います。
ネットをご利用でしたら、ウェブサイトでも情報提供されています。
電話相談も受けてもらえると思います。


まずは加入しているプランを把握した上で今後の電気消費について考えましょう。


■電気の節約について


オール電化の利用にあたっては使用時間の工夫が必要になってきます。
日中、夫婦でお勤め等、夜から深夜にかけてが電気使用時間帯であるというのであれば
お得に電気利用でき自然に節約できると思います。


しかしながら、日中家にいて電気使用することが多い人だと
従来通りの使用方法を続けていると、結果的に電気代が高くなったという結果を招くことになります。


なぜなら、オール電化の場合、深夜料金が安くなる代わりに、
日中(朝昼晩)の電気代が割高に設定されているからです。
日中使う電気機器について深夜に移行できないか考えてみることが必要になります。


特に使用を考えたいのが、IHクッキングヒーターと温水便座です。
どちらも使用電気量がかなり大きいのが特徴です。


IHクッキングヒーターの使用時間帯は融通がきかないので仕方ないと思いますが、
便座の温め機能を使わないとかなり消費電力を抑えられると思います。
温める機能のついている電気機器は電気使用量が概して大きいですよ。


また、タイマー設定できるような電気機器もありますよね。
食洗機や洗濯機、炊飯器、エコキュートや電気給湯器の給湯等を深夜利用にすれば、お得になります。


要するに日中電気消費量を抑えることが一番の節約法になります。
深夜にシフトできるものは全てシフトしてしまうといいです。


例えば洗濯乾燥機をお使いでしたら、一回当たり100円ほどかかっていたのが
30円位にまで抑えられるようになります。


梅雨時や冬日照が少ない時期にはとても助かりますね。
眠っている間に洗濯して乾燥まで終わってしまうというのはオール電化のメリットかもしれません。


テレビは照明の消費電力は僅かなので、それほど影響はありませんが
休みの日等、長時間日中冷暖房を使うと大打撃になります。
特によくある話としては、子供の夏休みですね。夏のエアコン代が恐ろしいと聞いたことがあります。


生活の基盤を深夜に移せればお得に電気利用ができるのですが、大半の人はそうはいきませんよね。
深夜主体の生活だとぐっとお得になりますが、日中家にずっと誰かいる家庭では工夫をしないと
お得感が得られにくいというのがオール電化のネックかもしれません。


日中外にでかけて過ごすなど、家にいる時間を少なくすることも一つの対策かと思います。
自分のライフサイクルや電気消費状況を把握できれば、
電力会社に相談すればお得なプランを紹介してもらえます。


もしかしたら現プランよりもお得になるプランがあるかもしれないので、あまりお得感が得られない場合は
プランの見直しを考えてもいいと思います。

Return to page top